3月 03

聞いても分からないことや、判断が付かないことを、今の自分の知識見識だけで頭ごなしに決めつけたり、”〜なわけない”などと一蹴する様なヤツが全くもって素晴らしいわけがない。ので、全部とは言わずともダメなヤツだ。度合いとバランスにも依るが年齢と共にそういう傾向は高くなってくのではないか?

3月 02

人のことどうのこうのと(上から目線で)言っている様なヤツは、人からもどうのこうのと思われているし、良くも思われていない。

コンプレックスの塊の裏返しで虚勢ばかりはっていて、それでも自分はどこかイケているなどと虚栄心が強い事なんて、周りのみんな分かっているのにバレてないと思っていることがどうかしている。

『凄いけど、そうはなりたくない』

『凄いけど、あこがれない』

というのは、つまり凄くないんだと思う。

結局誰もついていっていないのに、『あいつは俺が育てた』顔でいてむしろ情けかけられていることが情けない。

そういう大人にはなりたくない。

12月 21

どうしても最近のはるな愛がおっさんにしか見えない。。。(´Д`)

なにかと『椿姫彩菜』と並列で比較されることが多いけど、失礼だろ!

椿姫彩菜に。

12月 19

娘ミドリの話。
一歳五ヶ月現在、最近話せる言葉。
「アンパンマン(パンマン)」< なんで子供はやなせたかしのキャラにそこまで心酔するのか・・・?
ちなみに妻息子含めてアニヲタ一家なので、ハイジが好き。
で何よりも早く「ハイジ」だけは上手に言えるようになった。
「ニャーニャ」「ワンワン」(NHKのアレとは関係ない)
「チュ!」(唇をタコにしている)
「バァ〜」(いないいないばぁ〜、とやるがNHKのアレとは多分関係ない)
「ワ〜ィ」(喜んでいるような効果音を自分で発声する)

後は、
「かーかー」(母さんのこと)
たまに
「とーと」(父さんのこと)
最近話せるのはこんなところかな?

ちなみに、ミドリだけに(?)「ハッパ」は(ちゃんと葉っぱを指した上で)一番最初に言うようになったかも。

話せるのは上記の通りだけど、こちらの言うことは意外と結構理解をしているようで、「○○に渡して(持って行って)」とか「手をつないで」という言葉もじつはきちんと理解をしていて、お願いしたことをちゃんと実行する。

話せないだけで、分かっていることは意外とあるようだ。。。

他にも実は親は分からないと思って話しているのに、聞いてて分かっていたりすることがあったり、『分かってないと思って好き放題言いやがって!!』なんて思いながら聞いていることがあったりするのかもしれない・・・

『ミドリ、資本主義経済の未来は?」って聞いたら「(´・ω・`)」こんな顔をするかも??

12月 18

昨日元会社の人たちと一年ぶりに再会して飲んだ。
6人の仲間(レギュラー)が全員そろった。
元々忌憚無く飲める飲み仲間で、、、なんて今書いてて今まで気づかなかったことに気づいたけど俺が一番年下だ。。。w

昨年は在職者が自分を含めて4人いたのに、今回は在職者が一人だけだった。。。
会社の崩壊と一緒に、いつの間にか辞めたり放り出されたりしてた。
(この会社の場合リーマンブラザーズとか全然関係なくて、景気に左右されず崩壊するのは時間の問題で見えてたけど)6人そろって今年は在職者一人。
その一人も11時頃遅れてやってきたので、ほとんどは「退職者の会」になってた。

Continue reading »

12月 16

久々に(・・・。)子供達の話題。

1歳5ヶ月になった娘ミドリ。
呼吸器系がちょっと弱い。
風邪もちょっと引きやすい体質っぽく、息子の時に比べて休みがちかな?と言った印象。

客観的に見ていると、お母さんがいないと生きていけないという感じの子で、常にべったりしている。
保育園の登園時に(母親が連れて行っても)泣いたことがない息子と違い、娘ミドリは(妻の時だけは未だに)今生の別れのように号泣するらしく、ここら辺は相変わらず父と母の相容れない”違い”というものを突きつけられる。。。

で、そんな娘が保育園で流行のウィルスに感染して先週しばらく休みがちだったわけで。
そして12日には夜中大量に嘔吐。。。
夜中の2時頃に吐きだしたのに、あり得ないくらいに胃に未消化物が残っていて、何度も吐いてて、最初ウィルスなのか食べ過ぎなのか判断がつかなかったくらい。。。
おなかも下していて、いつになくおなかもぺったんこだった。

そしてミドリは復活したのだけど、今度は息子が感染。。。。(´Д`)

昨晩15日にお風呂上がりに気持ち悪いと言い出したと思ったらそこから嘔吐。。。
寝ている最中にも嘔吐。。。
翌日は意外にもすぐに復帰して元気だったのだが、医者の診断で「お休み」に。。。
幼稚園を初めてのお休み。。。

幼稚園の年少さんの時には一度も休まず、年中さんの今も今日まで休まず皆勤だったのになんだか凄く残念。
残念だなぁという思いと、園児にしてココまで休まなかったことはむしろ凄い!と改めて感心した。

園では休みがちな子供は多いし、園のホワイトボードを見ても大体誰か休んでいるわけで、その中で一回も休まなかった我が子の健康さ(DNA の優秀さ?)と、その恩恵に改めて感謝する。

言うことを聞かないとついつい怒ったりしてしまうが、息子は息子なりに結構色々頑張ってくれているわけで、多少のことは時には大目に見たくなった・・・

12月 09

麻生暫定首相曰く「最高裁の判例からも、かなり問題がある。あってはならない」だって。
桝添厚労相も「内定取り消し企業名の公表を徹底していく」って。

悪質ってのがどう悪質なのかは知らないけれども、そもそも社会人デビューの一社目に、そんな企業に入らなくて学生も良かったんじゃないか??
と思うが。。。

こんなことを悪質にする企業体質も問題だけれども、それぞれの企業自体も、大なり小なりそもそも既に風前の灯火というか、相当ヤバい状況になってしまっているから、社会的にたたかれることも覚悟して最後の手段的に内定者の取り消しという決断を下しているわけで。

そんな沈没寸前の(悪質ならモラルも低い)会社に無理矢理乗船して、入社後に一緒に沈没したり、海に投げ出されるよりも今の時点で縁が切れて良かった、と思った方がよっぽど良いよ。

前職の会社なんて、いきなり150人という過去最高の新卒採用をしておいて、その新卒が入社して3ヶ月後の7月には社内で「早期退職」を募ってた。150人。。。1年目の彼らも対象で。
希望に目を輝かせて内定者研修を受けて、上京して社会人デビューして、研修受けて、配属・・・なんて時期にいきなり「辞めてくれる人大募集!」って言われる身になったらどうだろうか・・・

学生に企業の品定めなんて出来るわけねぇし。
だからみんな表面的な説明の中に感覚で、フィーリングの合う合わないで決めてる。
採用で現れるフロントの人間だけを見て、それが「その会社」だと思って内定を承諾してる。
そのフィーリングが会社の実情とずれているところで(企業側に)合わせられていたらもう無理だ。
学生には為す術がない。
そしてそれこそそれが「悪質」な企業だ。

今の時点で内定取り消しをしない企業で「悪質」な企業が数多く存在していることと、その企業に学生達が内定をもらってのほほんとしているかも知れない、ということの方がよっぽど問題で、取り上げるべきことだと思う。

12月 01

11月30日にエンデバーが帰還をしたという記事より。

Continue reading »

11月 29

母方の祖母の葬式にて

ここで思い出や人の死の無情さを祖母の死去と重ねて書き連ねてみても意味はないので、そう言う感傷的なモノは敢えて省いてただただブログ的なことを書きますが、別に祖母の死を悲しんでないわけではないのであしからず。

さて、御年92歳の母方の祖母が11月20日他界しまして、22日に火葬と葬儀があったので長野に帰ってきました。

Continue reading »

11月 26

人間の生きる目的が「死なないこと」だとしたらつまらないと思う。
そんな後ろ向きで、無目的なような生き方ではもったいないと思う。

死なないことは、生きるための必要条件ではあるが十分条件ではあってはならない。

会社も、存続させることが目的になっているような会社は社会に要らないと思う。
有益な存在でも利益が出ないため企業として存在できずに清算される会社がある中で、不必要なのに存続させることを目的に存在している会社がどれほどあるだろうか。

とにもかくにも、利益を出さない法人には価値がないし、まずは利益が出るように変わらないといけないだろう。しかし、それももはや叶わないようならば、まして事業内容に社会的価値もなく、私利私欲のための延命などをしているようならば、これはもう潔く解散するべきだろう。

法人は、目的的でもなく、楽しくもなく、利益も出ない。
中の人は頑張っても頑張っても、何にもならず形にもならず、褒められも認められもせず、給料も上がらない。
そこにどんな意味があるんだろうか?

「どこにいても、気持ちの持ち方次第で意味や価値は見いだせる」と言う人もいるだろう。
どこにいてもというのなら尚のことそこではない別のどこかに行くべきでは無かろうか。
自分の人生に生きる意味や目的、価値を持ちたいと思っているのならば、意味や目的を失っている無価値な会社の中でもがいたり、低回をしたりしていないで、意味や価値を生み出せる場所で”シナジー効果”ってやつを発揮して価値を高めてみてはどうだろうか。