6月 20

毎日毎日『日本ネクタイ組合連合会』でたくさんの人がこのブログに飛んできてくれる。
「またヤフー?」と思って検索してみたら2位だ。。。

Y!BBにも見切りをつけて、「so-net光」に申し込んでしまったというのに、、、
「ヤフーさん、恐縮です!」

6月10日のエントリーにも書いたが、結局彼ら(連合会)は、今が知恵のだしどころだと思う。
で、思いついたんだけど、、、

中尾彬の“ねじねじ”を流行らせればいいんじゃねぇの?

あれならタイを締めるよりも、首元も開いて涼しげだし、縫製の仕方を変えるだけで
ネクタイの材料使い回せそうだし。

どうでしょう??

ただ、中尾彬を時代のブームに乗せても、そういう世代しか食いついてこないので、
今のよくおじいちゃんとかがつけているひも状のネクタイ?みたいなのと同じ事になってしまう。
なので、
なんか10代の学生とか、20代の社会人を取り込めそうなネタがないとダメだ。
10代には、なんかおまじないみたいな縁起物として。
20代には、携帯とか、社員証を引っかけられて便利です。みたいな実用性をアピール。
30代以上には、あのカマっぽい振り付け師にお願いして、『彬サンバ』を作ってもらって、
「マツケンの次はアキラ!」とブームを作ってしまう。
ついでに彬にCDデビューもさせて、そのCDの初回限定に“特製ねじねじ(非売品)”をつける。
このぐらい集中投下すれば何とかなるんじゃないだろうか?

まじめに考えると、『女にネクタイをさせればいい』と思う。
そう言うファッション、流行を作ればいいじゃない。
市場が2倍だよ。

“ねじねじ”案もまじめだけどね。。。

4月 12

最近春の特番で、スペシャル番組などのシフトになっていますが、、、
よく「未公開ネタを一挙公開」とか「ゲストの未放送トークを公開!」などと
新聞欄に書いてあったり、司会者や番宣が言ってるけど、、、
 
 
 
要は
つまらなくてカットされたから未公開だったんだろうがヨ!(゚Д゚)

スペシャルなんで大量放出サービス!…みたいな雰囲気醸し出しているけど、
在庫一掃セールと何が違うんだ!?ヽ(`Д´)ノ

テレビはいっつもインチキだ。

4月 07

だからナニ?(*゚Д゚)

スポーツ新聞の見出しが、「巨人が勝った」だった。
球団史上最悪の開幕5連敗を免れてのやっとの一勝。
って・・・オマエはハイジか??
「クララが立った!」のならともかく、たかが一勝で大騒ぎするな。

 
高橋の11回に決勝弾だって。
例によって、殆どの人が肝心のその勝利の瞬間を、中途半端な延長&番組打ち切りで
見られていないわけだが。。。(゚∀゚)アホ!
 
ばかばかしいぜ野球中継。
特に巨人中継。
 
 
巨人至上主義でいる限り、野球に繁栄なし。
 

4月 01

プロ野球が開幕し、今年も忌々しいプロ野球中継がスタートした。。。
「パ」だけの話かもしれないが、なんか野球のネタ最近盛り上がってるし、、、
今年視聴率が復活しなければいいが。(‘A`)
 
あぁ〜あ、野球中継こそ、NHKでやればいいのにヨ!
 
野球中継のためにビデオテープを余計に回して、くだらない試合の後半部分だけを
録画しないといけなくなるかと思うと、勢い余ってスゴ録でも買いたくなるぜ、
全く。ヽ(`д´)ノ
 
 
 
まだ6年も先の話だが、完全にデジタル放送に移行した暁には、野球中継による
番組繰り下げというものは無くなることを、切に願う。
(デジタル放送は、一つの局で3番組分放送できる帯域があるので、9時以降
4-1chで次の番組、4-2chで野球中継の延長という使い方も可能。)

3月 17

今日も喰らった。。。。
コメントスパム攻撃に何度かさらされ、今では対策を打ったので、特定の名前の団体
からはコメントを出来ないようにしているのだが、そういう手段が流通したからなのか、
最近はトラックバックスパムという新手の手段で、ブログサイトを攻撃してくる。
このブログに至っても現在その攻撃に遭っており、過去のカキコミに関しては、順次
トラックバック受け入れの機能を外し、コメントもカキコミ可能状態を閉じている。
まさにいたちごっこだ。。。
 
コメントも、以前は名前の部分にその団体の名前(オンラインポーカーなど)と書いてあったが
余程それではじかれるようになったのか、ランダムな文章とそのサイトへのリンクだけが
貼ってある。
たとえどこのブログであったとしても、そんなものをみて、そのリンク先に飛んで、
オンラインでうさんくさいポーカーを楽しもう。なんて思ってしまう人がいるのだろうか?
謎だ。。。
 
 
面倒なので、見づらいのは承知で現在のデザインのままこのブログを運営続行していますが、
そろそろURLの変更も含めて、デザインから、ムーバブルタイプからの脱却から、何から
何までを全てを一新することをちゃんと考えていかないといけない時期が来たのかも。

3月 09

朝の電車は、ラッシュの時間帯でも大体空いていて、特に日本橋を超えると殆ど
スカスカ状態になるわけなのだが、たまに泉岳寺駅で京急線の泉岳寺止まりに乗った
電車の乗客が一気にコチラの車輌(都営浅草線高砂行き)に乗り込んでくる時があり、
その時は相当混雑をすることになる。

普段から人と触れあってまで座りたいと思っていないので、よっぽど席が空いてこないと
電車では着席をしない自分だが、こんな時ばかりは、目の前の席が空いたら避難するように
座ってしまう。

今日は、そんな泉岳寺で大混雑をした日で、三田駅(泉岳寺の次の駅)で目の前の席が
運良く数席まとめて空いた日だった。
Continue reading »

3月 08

●プライドやK1で、実際の試合の順番はまだ先なのに、CMに入る度に「続いては、、、」「まもなく、、、」とボブサップ、小川直也、桜庭和志、シウバ、ミルコなどの映像を巧みに使って、期待を持たせ、引っ張りまくること

●行列の出来る法律相談所で、たかが弁護士の判断を表示するだけなのにいちいちCMを挟むこと。しかも二者択一なのに、「衝撃の・・・」とか「意外な展開に一同騒然」などと大げさなスーパーとナレーション。さらにCMに入るとボリュームがデカくなりやかましい。

●通販などで、「なんと2万円を切った!」などと言っておいて・・・どうせ、\19,800円なこと。たかだか200円しか違わないのに、大げさなことを言うな!

●セブンイレブンオリジナルブランドのアイスを買ったら、、、

箱の半分しか中身がなかったこと。。。(´・ω・`)

詐欺!インチキ!
二度と買うか!ヽ(`Д´)ノ

3月 07

朝のニュースでもやっていたが、今日から花粉が多く飛んでいるらしい。
ここのランクも「多い」になった。
と言うことなので、ちょっとコンビニに行く、と言うときでもマスクを着用することに。
 
しかし、花粉というのは一日のうちでもだいぶ飛散量が変わるというのに、予想はTVも
サイトも今日の最高気温並で少々大ざっぱだ。
と言うわけで去年より、へっぷちんのリアルタイム情報を愛用している。
(1時間ごとに40時間位先まで予想を表示できる。しかもマップが細かい)
へっぷちんによれば、今日も東京23区辺りは「少ない」以下のようだ。
去年は総じて、へっぷちんの情報の方が少なめに花粉を報告している傾向があったが、
今年もどうやらそうらしい。とはいえ、両方であまりにも報告内容が違うので、
どちらを信頼していいのだろうか??
 
そんなこと体の症状にきけばいい、という話になりそうだが、「病は気から」と言いますように、
症状よりも覚悟の問題なのかもしれない。
「今日の占いカウントダウン」位に聞き流して、一日気にならなければいいのに。。。症状も。
 
 
 
先日どこかのサイトで読んだのだが、以前書いた乳酸菌の相性に関するの疑問の答えがあった。
とはいえ、医者が書いたものではないので信憑性は分からないが、情報共有のため書いておこう。
 
そのサイトの人曰く、「乳酸菌と、体には相性がある」とのこと。なので、「一週間くらい同じ
乳酸菌を試してみて、効果がなかったらまた別のやつを試す」とやって自分の体に合う乳酸菌を
みつけ、それを使い続けるのが良いらしい。
 
しかし、「KW乳酸菌」だの「L92」だの「L55」だの「LG-21」だの「LC-1」だの
「BB536」だの「BE80」だの「LB81」だのと、、、試し終わる頃には花粉症も
終わってるっちゅうねん!
 
今のところKW乳酸菌に絞ってますが、そう言えば去年「体質水」効かなかった。。。( ´Д`)=3
「LG-21」に鞍替えしようかな。。。
 
 
「冬将軍」って言葉があるくらいだから、もう花粉が「春将軍」と名乗ったら良いじゃないか。
と思ってのタイトルだが、なんだかとってもしっくり来ている気がする。。。
ちなみに、冬将軍というのは、ナポレオンが冬の寒さと雪のため、モスクワ攻撃に失敗した
史実から、寒さのきびしい(大雪の降る)冬を擬人化した語なんだって。へぇ〜

2月 18

レインズインターナショナルに買収され、通常の商品ロット・種類を極端に減らし
完全にいびつなまでの「牛角シフト」を強いて、それを堂々と「大評判!」などと恥ずかしげもなく掲げている様子は、端から見ると「けんちゃんラーメン新発売!」とか、
Continue reading »

2月 17

そろそろ本格的に花粉が舞うと言われている時期で、街中にはマスクをしている人が
多く見受けられるようになりましたが、実際は殆ど飛散していません。
なので、自分も今のところ殆ど自覚するような症状は出ていません。
今は、準備のための時間みたいなものです。
ということで、色々飲んだり、控えたりしているわけですが、いくつか疑問が出て
きました。花粉症の人は、一緒に悩んでみましょう。
Continue reading »