5月 10

事故以来JR西日本の対応、会社としての体質がマスコミにやり玉にされている。
上に意見を言えない組織、改善策とはいい難い「日勤教育」という仕組み、その他好ましくないといえる対応の数々。。。

それらをこの機会に晒し、世論から動かし、改善すべき方向へ持って行こうというのは
悪いことではない。
とは思う。

が、、、二次会にいくら使ったとか、三次会が焼き肉屋だったとか、飲み代、ボーリング代がいくらだったとか、懇親会に議員が参加して何を話していたのだ?とか、そのような雑音は果たして必要なのだろうか?
まるで芸能情報に近いようなくだらないネタをさえも、ジャーナリズムを語って
つるし上げに利用し、時に恫喝めいた記者会見での記者からの怒号など何様なのか?
何がしたいわけ??(゚Д゚メ)
答えは結局、面白おかしく引っかき回して、意味もない物まで掘り返し、無駄な関心を煽ることで目先の視聴率が欲しい、発行部数を伸ばしたいってのは分かっているけどね。

(そもそも自分の会社が起こした不祥事などは、自らのチャネルで扱うことすらしない貴様らが、偉そうに正義ぶっていること自体に納得がいかないが、)マスコミは、情報を受け取る側が判断をするために、事実を伝達すればいいだけにすぎないんじゃないの?判断し、考えるのは発信された情報を受信し、自分の頭を使って理解する我々の役回りのはずでは?

それなのに、サービス精神が旺盛なのか、自分たちの考えに同調させるために洗脳し、擦り込みたいのか、何が入っているかわからない添加物満点のコンビニの総菜パンのごとく、よけいな情報をこっそりとメディアに載せる送りつけてくる。てめぇの垂れ流す情報の受け皿になってくれる、そんな盲信的な視聴者が欲しいがばっかりに、
こざかしい真似を。。。情報がごちゃごちゃと混ざってはいるが、それらは食品添加物が食べられるが食物ではないように本来不要だ。

とはいえ情報の垂れ流しを、時間を垂れ流して見ていれば、自分で何も考えなくても、何か自分もいっぱしの意見を持っているんじゃないかと、そんな錯覚させてくれるような、現行の状態に心地よさを(無意識のうちにだとしても)覚えている人は、存外多いのかもしれない。でもさ、そう言う人でも、こういうのを見れば、何かしらの違和感あるのかな?

(※どっかで拾った画像の転載)

4月 02

予算が余っていたら無理矢理にでも使わないと、来年の予算が縮小されてしまうということで
この時期道路の工事が増えるらしいが、うちの会社の前の道も、そんな「無駄工事」
している。ヽ(`Д´)ノ
 
整備する必要のない道路を舗装し直し、張り替える必要もなさそうな歩道をわざわざタイル
張りにし、植え替える必要性もなさそうな植え込みなどをほじくり直し、自転車と歩行者を
分ける?ための不要な標識を設置し、、、その無駄な道路整備の総額は、なんと
1億6千6百万。。。
 
 
そんな金が余っているなら、、、
信号機のない交差点に、近隣住民が求めて、うちの会社でも何百人もが署名した、信号機設備
一式を設置しろ!!!このボンクラがっ!
 
事故が絶えない魔の交差点と呼ばれ、ここ10年くらいで3人も死んでいるのに、それでも
放置しているおまえらは何考えてんだ??>台東区役人っ!!

2月 08

電車に一緒に乗っても、「私が、あの前の席の人みたいな格好をしたらどう思う?」とか、
「あそこまではやっぱり出来ない。。。」と小声でぶつくさと言っている、最近一所懸命「流行」に
目を光らせて、なんとか付いていこうとしている努力が涙ぐましい我妻ですが、
そうはいっても、今まで生涯オーソドックススタイルで、流行など生まれてこの方一度も追って来ないで
生きてきたので、その性分(しょうぶん)からはそう簡単に抜けだせるものではありません。。。
まぁ頑張れ。。。
 
と、まぁなんだかんだ言っても、流行廃りのない見た目と、機能性重視というのが彼女の性分なので、
靴下はやっぱり『五本指ソックスが最高。冷え性が治った』と、ニコニコしながら毎日履いています。
そんな我妻は、もちろんブランド品に対しては特に興味も示しません。
あえて聞くまでもありませんが、おそらく「値段と機能・性能が釣り合っていない」と思っているに
間違いないでしょう。
 
男としては、シャネラーとか、プラダー(あんのかこんな言葉?)などという、分けも分からず
自己顕示欲のためだけに、無駄に高い世間で『ブランド』と評されている、いかれた価格設定の
各種装飾品を、むやみやたらと身に纏い、どうせ家では納豆ご飯とか食っている平民のくせに
しゃんしゃんと調子に乗って闊歩しているような、そんなバカな感覚を我妻が持ち合わせていなくて
(というか持ち合わせていたら結婚はしてませんが。)そして、そういう人達を、自分と同じように
”理解できない人種”として片づけることが出来る妻で本当に良かったと思う次第の今日この頃なわけで。。。

なので、
もちろん

同じ端末を2年以上使えば無償で電池パック提供してくれるらしい。
なんだよ、ドコモのくせにもいいとこあるじゃねぇかよ!
やるな、タケシ!(←DoCoMoに行っている友達)
 
自分の携帯すぐ電池切れちまってもう殆ど使い物にならないし、
結構長いこと使っているので、変えてもらえるかな?と思って
発売日を確認したら、2003年の12月だった。。。
まだ折り返し地点をちょっと過ぎただけの、一年強。。。
 
使えねぇ。。。
まじ使えねぇ。
この調子であと1年も使っていたら、充電池液だれしてるぜきっと。
冷静に考えると殆どに人には非常に現実味の薄いサービスだ。。。
 
そもそもだ、
同じ機種を2年使い倒すってところで、まずハードルがあり、
しかも新しい電池をもらったら、、、
まだまだそれを使えってことじゃねぇか!(゜Д゚)凸
次から次へと新機種ばっかり投入しておいて、相反するようなサービスすんな!
ややこしいんだこのヴォケドキュモ!
2年使ったら、最新機種にお得な値段で機種変できるようにするとかしろっチューネン!
アホか、タケシ!(←DoCoMoに行っている友達)
 
 
 
充電池なんてどうでもいいからソニーエリクソン製のFOMAを早く出してくれ!

1月 07

正月休み後仕事が忙しく、ブログを書く暇もなかった。。。
久々にPCの画面を長時間延々と見続けているので、晩になると目がかすみます。
というわけで、遅くなりましたが2005年も明けて一週間が経ちました。
今年は災いの少ない世の中になることを祈りましょう。
 
年賀状・・・(´・ω・`)
これから作って出しますんで、気長に待って下さい。>送ってくれた方。

年末年始の休みを使って興味ないとか書いておいた『ハウルの動く城』を観ました。
ネタバレなどないように感想を書いてみましたので、これから観る人は観る中で以下のことを
注意してご覧下さい。
つまり、分かったならば教えてね(=コメント下さい)ってことです。
 
観た人で、分かっている側の人は、是非とも浅はかな私に“宮崎ワールド”の真骨頂を伝授して下さい。
 
 
::観た後疑問に思ったこと::

・なぜソフィ(ヒロイン)はハウルを「愛している」位まで恋に落ちたのか?
 そこまで深い仲になる程の状況の描写がなかったように思う。

・呪いをかけられて老婆になるという設定が、前面に出されている割に、理由や背景が貧相
 そもそも何のために老婆にしたのかという根底の理由がよく分からない。
 途中途中で若い状態に戻ったように見えたりするが、実際に変身をしているのか
 それとも見る人(ハウルなど)にそう見えているのかを表しているのかがよく分からない。

・呪いをかけた後の魔女が何を象徴してストーリーに出続けているのか分からない。
 駅など街のポップでは「今おばあちゃんが元気」みたいなポップ広告を打っているのに、
 実際に元気なのはおばあちゃんの姿をした若い女で、本当の老女(魔女)はボケ老人

・ソフィはなぜ最後まで白髪のままなのか?
 
・ハウルの声は浮いているように感じる。
 スクリーン(ストーリー)から浮いている感じ
 他のキャラの声と会話をしているように感じない。
 まるで一人だけ後録りしてフィルムに被せたような感じ。
 木村拓哉が普通のキャラを演じようとしているためなのか、しゃべりが不自然なためそう感じるのか?
 2chなどでは、キムタクがダイコンだのクソだのとお祭り騒ぎですが。。。
 
 
・背景の描写が足りない、浅い感じがする
 「千と千尋」でも思ったが、何巻もある漫画を無理矢理2時間に収めたようなとぎれ感と浅さを感じた。
 全体を通して、ダイジェストを観ている感じ。
 
 
全体を通して
ハウルもソフィも容姿が変わりすぎで落ち着かん。
つまり、キャラの個性が薄い。
もののけ姫や、千尋は物語を通じて成長していく様子を描いていたが、
『ハウルの動く城』では、ただ主人公二人の姿が変わっていくだけ(ただ変態するだけ)のような印象を受けた。
そこに宮崎駿監督が何を描き出したかったのか、何を感じ取って欲しかったのかは
自分には分からん。。。誰か分かった人教えて。

12月 15

そういえばこの間トム・クルーズが来日してましたが、次の映画の撮影があるからと言うことで
何かの予定をキャンセルして帰ってしまったのを記憶していますが、それがこれでしょうか?
トム・クルーズ&スピルバーグの「宇宙戦争」・・・( ´Д`)=3ナンダ コノ ダサイタイトル
宇宙戦争?ウチュウセンソウ?何じゃそのセンスは?
一瞬、「スターウォーズ」を中国で漢字の題名にしたのか?と思いましたが、
スターウォーズは、中国では「惑星戦争」でしょうか? まぁ中国のことはどうでもいいんですが。
とにもかくにも「ウチュウセンソウ」です。
なんか題名として、今更あり得ないセンスなんですが、うちの親父位の世代が子供の頃に紙芝居で
観ていた話の題名でならアリ?かな、、、くらいの古くささなんですが。。。
もしくはドラえもんの映画タイトルならアリ?かなというレベルなんですが。。。
 
ってことで、書きながらもちょっと調べてみたら、原題は「War of the World」だそうです。
で、「宇宙戦争」でも検索をすると、同じ原題を持つ凄い古い映画があることが分かりました。
HGウェルズのSF小説を映画にしたモノらしいです。
(宇宙=Worldってところがしっくり来ないのですが、小説がそう言う中味なんでしょう。)
今回の「宇宙戦争」はもしかしてそのリメイクなんでしょうか?
そんな昔のモノにまで目をつけて、リメイクをしないといけない程ハリウッドはネタが枯渇して
いるのでしょうか?
ここら辺の真偽の程は、これ以上検索する気も興味も湧かないので、もうどうでもいいですが。。。
 
 
こんな感じで、
海外の映画を日本に持ってくる時に、配給会社が勝手にタイトルをいじってしまうことがまま
ありますが、中には原題では意味が分からず、邦題の方が断然優れているものも。
例えば、
・愛と青春の旅立ち(原題:An Officer and a Gentleman )
・ランボー(原題:First Blood)
・恋人達の予感 (原題:WHEN HARRY MET SARRY)
・その森で天使はバスを降りた(原題:Spitfire Grill)
ドラマですが、
・ビバリーヒルズ高校白書(原題:Beverly Hills, 90210)←これはただの通りの名前が題名…
などなど。
 
一方で、原題とはかけ離れていたり、意味不明な邦題をつけられているものも。。。
例えば、
・海の上のピアニスト(原題:THE LEGEND OF 1900)←邦題は主人公の状態を表現しただけ。。。
・ワイルドスピード(原題:The Fast And The Furious)邦題なのにまた英語、しかもダサイ
・氷の微笑(原題:Baisic Instinct) 一見しゃれてますが、映画の中味とは関係ナシ&意味不明。。。。
・プライベートライアン(原題:Saving Private Ryan)プライベートが外来語として流通しているので
 わざと使ったと思うが、ややこしすぎ。本当は Private=二等兵 のこと。
 だから本当は「ライアン二等兵を救出せよ」って感じなんだろうけど、未だに
 「個人的なライアン」って何?って思っている日本人のヒト8割以上の予感。

・アホでマヌケなアメリカ白人(原題:AWFUL TRUTH)←飛躍しすぎ・・・ワラタ

まぁ、原題が↑のビバヒルみたいにわけわからなさすぎて、苦肉の題名だったりするのが
邦題を付ける殆どの理由だと思われるわけですが。。。
 
とはいえ、
題名次第で人の興味も違ってくるとなれば、これは重要な要素だと思うのです。
 
が、しかし…なぜに『宇宙戦争』…(;´д⊂)
 
 
 
それにしても、
アメリカの映画ってただ人の名前を冠している題名のモノなど結構多いと思うのですが、
有名人の伝記などならともかく、あれってどうなんでしょ?題名つけるのが面倒なの?
ぱっと思いつくだけでも、
 ALI
 JFK
 エリン・ブロコビッチ
 ビッグ・リボウスキ
 マルコムX
 GARP(邦題:ガープの世界)
 ジェリー・マグワイア(邦題:ザ・エージェント ←つうか「ジ」だろ。本来は…)

きっと他にも沢山あることでしょう。
題名を色々考えて趣向を凝らすのが連中には面倒なんだろうなぁ、きっと。
 
 
 
ところで、納得いかないこと。。。。
「ロード・オブ・ザ・リング」ってさ、
「ロード・オブ・リング」じゃなくて「ロード・オブ・・リング」じゃない。
でも、原題は The Load Of The Rings なわけさ。
RingのSはまぁいいさ、複数形を取ってしまうことは、良くあるから。
でも、最初のTHEはカットで、二個目のTHEはアリって、どういう神経なんだ?
「森三中で一番かわいい子って誰だっけ?」って質問を受けたときくらいにわけが分からないぞ!
 
 
 
トム・クルーズの次回作が「宇宙戦争」でいくというのならば、延期になった“Misson Impossible3”は、
是非とも「スパイ大作戦3」という邦題で公開して下さい。
ヨロシク>配給会社
 
 

12月 10

トイレで手を洗う時に、ハンカチをくわえて手を洗い、その後それで拭く人がいますが、
一番汚いんじゃないか?それは。。。
まず、洗う前の手でハンカチに触れいてる、それを口に持っていく、、、って時点で(´・ω・`)
で、それを繰り返したハンカチをその後何度も口に持っていく、、、、ドンナモンカネ?
せめてあごの下で挟むとかしたら?
他の人がどうしているかは知りませんが、自分はポケットからハンカチの先をちょっとだけ
出してから手を洗い、その後指で挟んで引っ張り出して拭いています。
まぁ何をしたところで厳密には気休めにしか過ぎませんが。。。

12月 10

会社で官能調査を受けました。
ちなみに、官能と言っても「性に関する感覚」のことではなく、「感覚を生じさせる器官のはたらき」
の方です。味覚の感覚が優れている人のみが合格できるという平均16%位しか合格できないという
狭き門のテストです。テストの詳細は契約上あかすことができませんが、要は“味皇”なら合格って
テストなわけで、微妙な味の違い、濃さなどの違いを判定します。
ちなみに、おいしいものを食べた時に、合格するために口から光線を吹き出す必要はありません。

結構味比べなどは絶対的評価ができる方かな?と思ってはいましたが、合格の自信は、、、微妙。。
言い訳じゃありませんが、風邪上がりの時は嗅覚が鈍るのです。。。

ところで、
人の味覚に対しての嗜好というのは、元々人として持ち合わせているものと、食文化の中で作られて
行くものと、どのくらいの割合で作られているのかは知りませんが、いわゆるゲテ物などを考えても
子供の時から食べていたかどうかで、あるモノを食べられるか否かってのは決まっていく気もします。
納豆なんかは、その良い例なのではないでしょうか?
両親とも納豆が嫌いな家に育てば、食べる機会は給食位しかありませんし、親が「マズい、マズい」
「あんなものは食い物ではない」とか言っているのを聞いていればそれを頭に刷り込んでしまいそうだし。

一方で“辛いものが食べられない”、というような“お酒が飲めない”のような体が受け付けない
というものはどういう原因で起きるのでしょうか? こっちは、遺伝ではない先天的なものが関係
しているような気がします。
辛いものが食べられない親の子供が、辛いものが食べられないというのは聞いたことがないし。
ちなみに、野菜を食べられないという人がいますが、これは遺伝だそうです。(有名なのは中田英寿)
これは好き嫌いのレベルの話ではないようです。
そういう体質なので、お酒を飲めない、というのと同レベルのものと言えるでしょう。
ちなみに、我が家は、片方は肉を食わない、もう片方は辛いものが食べられない、と言う状況なので、
お互い外食をする時などは、気を遣い大変です。。。
 
 
 好き嫌いと言えば、、、
誰も賛同してくれないと思いますが、自分は「好き嫌いは殆どありません」
えぇと、、何度でも書きますが、「好き嫌いは殆どありません」これは確かです。
一見好き嫌いが多く見えるのは、ただ、選り好んで食っているからだけです。
食べるのがどうしても嫌な味なのは「セロリ」だけです。
肉は、自分の観念・理念上食べないことを選択しているだけです。
後のものは、多少の我慢の度合いにもよりますが、基本的に食べられます。

逆に、自分には
「チーズが嫌いだけど、ピザはOKです。」とか、
「トマトは苦手だけど、ケチャップはOK」とか、
「生魚はNGだけど、焼けばOK」みたいな方がハァ?(゜Д゚)ハァ?(*゚д゚)ハァ〜〜?
って感じなんですけど。。。いかがなもんでしょう?
 
 
ちなみに、
選り好んで食うってのは、例えば“おいしいモノから食っていく”ってのに近い考え方です。
果物などでは、悪くなりかけたものの方から食べていくってのが多分通説ですが、自分はその時
一番おいしそうなものから食べます。悪くなりかけの「おいしさー2」みたいなのを結果的に5個
食べるよりは、最後の一個は腐って捨ててしまうことになっても、「おいしさ10」のリンゴから
おいしい4個食った方が幸せだと思うのですが、なんか間違ってますかね?
おいしいモノを食事の最後に残しておいて、満腹中枢が刺激された後の頃に食べるよりは、
空腹の胃袋が食べ物を欲している時に、一番の好物を放り込んでやった方が、脳みそも喜ぶと
感じるんですが、なんか間違ってますかね?
 
つうか、
子供の頃はスキナモノを最後まで取っておいて、食べた記憶があるのですが、いつ変わったのか?>オレ
「皿田きのこ」みたいな経験(=ショートケーキのマンモス苺を残しておいて、父親に
食べられる)をした記憶があるので、それかもしれないな。。。
きのこみたいに、「ぐれてやるー!」とか言って家を飛び出したりまではしませんでしたが。。。
 
(ちなみに、皿田きのこはアラレちゃんの登場人物で、三輪車に乗って「ナウいわ」「あんた、いもネ」
などと言っていた子供のこと。)

10月 28

ラーメン屋って久しく行ってないですが、別にラーメンが嫌いな訳じゃありません。むしろ、そば、うどん、そうめん、パスタ、ベビースターも含め麺類は全て好きです。
ただ、例によってとんこつスープとか、動物の骨を煮込んで・・・ってのがグロいだけで。(参考:念のために書いておくと、私はほ乳類、鳥類の肉と加工物は一切食べません。)
だからたまにTVで見かける魚でだしを取った動物性のものを使っていないラーメンを作っているラーメン屋とかに出会ったらぜひ行きたいと思っているんですが、、、わざわざ出向いてまで食べたい程ではないので、未だ実現してません。。。

以前メディアでラーメンを持ち上げてラーメンブームみたいになっていた時がありますが、今はどうなんでしょうか?五反田界隈には結構有名なラーメン屋集まっているみたいですが、だからといって行列ができているところは殆ど見たことがありません。それは時間帯のせいかもしれませんが。しかし飽きないもんなんだね。

ところで、界隈の店内を覗いてみてもここら辺のラーメン屋にはないようですが、
TVでランキングとかやっていた時に、『私語厳禁』とか、隣の席との間についたてがあったりだとか、注文の時すら店員と口をきかないように工夫のされている店だとか、店主に愛想が全くない店とか、水は最初の一杯のみ、なんて店ががよく紹介されていましたが、実際に行ったこと無いんですが、あれらはどうなんでしょうか?

そもそもまずかったらどうしようもないというか、箸にも棒にもかからないわけですから、それで客がついていると言うことはまぁおいしいんでしょうね。。。
でもどうなのよ?
それが店側のコンセプトというか、他のうまい店の内装のパクリと言うか、まぁ結局の所
『うまいうちに喰え』(=麺がのびる前にさっさと喰え)ってことを配慮しているのが大前提なのでしょうけれども。。。
客も客で、それが良いんだ、素敵なんだ、あの狭いスペースで食うのが本当の醍醐味であのついたてがないと、となりが目障りで集中してラーメンが食えない、つまり本当のうまさを味わえない!とか、一緒に食いに行ったヤツとラーメン食っている時に会話なんてしたくないんじゃ、そもそも食いもしないヤツがケチ付けるなやこのボケ!って感じの人がいたら申し訳ないんですが、
(本当は申し訳なく思ってませんけど。)
おれにはオマエラ『家畜が餌食っているようにしか見えないんですけど。。。』
つまりあれだ、よく牛とか鳥が柵から一個ずつ頭出して、餌食っているアレ!
ちょっと待って、、、

画像があった。
これですこれ↓

 
 
家畜の骨をことこと煮込んで作ったスープでできたラーメンを、家畜のように食べる人間。。。
ヒエラルキーの逆転現象なのか、考案した店主の策略によるアンチノミーの実証なのか。
きっとその姿はとてつもなく哲学的に違いない!
私語をして店主にどやされながらも、それでも大人しく店主の作った家畜スープをすする、人家畜。
考えただけで、芸術的な気がしてキタ!
本当はその姿を覗いてみたいが、でも実際に見たら幻滅しそうな気がする。
妄想だけに留めておこうか。。。

そもそもさ、、、
本当にうまいラーメンをキサマら(>偉そうな店の店主)が作っていたのならばだ、、、
客は一心不乱に、水も飲まず、私語もせず、携帯メールも見ず、煙草も吸わず、喰うんじゃないですかね?
その味が出せていないのに、ルールばかりを強いているのは己の味に怠慢じゃないんかい?
自分の味に満足していないで、客の顔を見て、反応を見て精進すべし!

…って何でオレこんなに偉そうなんだろ。。。切腹!

9月 28

〜 L.L BROTHERSメジャーデビュー  〜
なんて記事を見かけました。
L.L BROTHERSってもしかしてあれか?あのダンス甲子園の???と懐かしくも
思いサイトで確認してみるとやっぱり彼らでした。。。
顔は全然覚えていませんが、なんか当時流行っていたM.C.ハマーを真似た短足ズボン(?)
を履いて踊っていたのは覚えております。
 
今更メジャーデビューかよ!(笑 と思いましたが、まぁ、おめでとうございます。
 
ちなみにそのブラザーズのコメント
「初っぱなから緊張してます。やっとメジャーでCD出せるようになって、感謝、感激、雨あられです」とノリノリであいさつ。
”感謝感激雨あられ”って・・・( ´Д`)=3 イツノジダイノヒトダヨ?
しかもそれをノリノリで挨拶? ノリノリな挨拶ってどんなだ?
つまり、
感謝と感激で雨とあられが降る位なテンションの状態で「ユーノー、ヨー!ヨーッ!ダッ!サンクス!」みたいな
コメントをする=ノリノリな挨拶ってこと?
 
…前途多難。
 
まぁもう二人は33と32だそうですから。いいオヤジですから。
あんま調子に乗ってぎっくり腰とかやらないように。

どすこい同好会の人とか今何しているんだろう?
メロリ〜ンQ!!