4月 21

↑が何の略か分からない人は、これは読まない方が良いでしょう。
どこぞの島ではないが、この覇権争いも結構過激で、島に相当するのは
ハリウッドと言ったところだろうか。
コンテンツを出す会社がどっちのフォーマットで出すか?と言ったところがキーだ。
 
どっちも同じ直径12cmのディスクだが、例によって、やっぱり互換性がない。
VHSとβの争いの再来とも言われているが、今後どうなるだろうか?
Continue reading »

2月 25

新しいノートPCではなく、新しいVAIOノート。
気づくともう丸二年の今のVAIO『Z1』を使っている。
だからと言うわけではないが、急遽ノートPCを(買い換えると言うよりは)もう一台買おう
という話になった。
Continue reading »

2月 24

我が父方の祖母曰く、“そう言う家系”なんだそうだが、親父も自分もティッシュをよく使う。
普通に各部屋一個、リビングなら2個以上は置いてあった。
しかも頻繁に使うので、ちゃんと手の届くところにティッシュがないと、携帯電話を忘れて外出してしまった時みたいに、そわそわして落ち着かないという重傷ぶり。
なので、往年の頃は一人に一個。もはや箸や茶碗レベルだった。

まぁこれはこれで普通なのかも?しれないが、母方の親戚の家に遊びに行くと、うちの基準だと5個パックを買ってきて、その全てをその場で開封し各部屋に置いて回らないとならないようなレベルの広さの家なのに、一家で一個しかアクティブじゃなかったりする。(これはさすがにおかしいだろう)
なので、「ティッシュは?」と訊くと、「ん〜〜おかってかな?」とか、「多分2階」とか理解不能な返答がされる。彼らは、鼻をかみたい時、ちょっと何かを拭きたい時、どうしてるんだろ?

まぁどっちも両極端なのかもしれないが、とりあえず我が家はそんなティッシュ一家だったので、親父の花粉症が発症した後は、予想通り『保湿ティッシュ』が常備されていた。
で、まぁこの手のものは各社から数種類出ているわけであるが、(親子揃って)こういうのをそれぞれどれが一番良いものか?というのを試すのが好きなので、親父も試したらしく、KleenexのALOEが一番だと教えてくれた。

それからはそのクリネックスのアロエを使っていたが、今回自分で各社商品をレビューし、ランクを付けたので、これから花粉症で保湿ティッシュを使う人の、購入するの時の参考になればと思います。

<<第4位>>
スコッティのカシミア

◆総評◆
はっきり言って、一番固い。
他のと比べると、一番ごわごわしていて、かさかさしている。
買うだけ無駄。

<<第3位>>
ネピアの鼻セレブ

◆総評◆
保湿具合、柔らかさ共に合格点
5段階評価で行くと「4」位か。

名前が面白いのと、今年出てきた新製品と言うことも相まって、市場的には一番売れていそう。
特に女性が買いそうではある。
うさぎやあざらしのボックスもかわいいし。

<<第2位>>
クリネックスのアロエ

◆総評◆
上記商品と同じ値段で売っているならば、断然コレを買うことを勧める。
保湿ぶりが違う。
ただし『鼻セレブ』との差は僅差。
人によっては、判断が違うかもしれないし、開封後の期間によっては鼻セレブが上回っているかもしれない。
柔らかさは『鼻セレブ>アロエ』
しっとり感は『アロエ>鼻セレブ』
といった感じ。

ちなみに、クリネックスからは姉妹品で、『アロマローションティッシュ』という
柑橘系の匂い付きの商品も出ているが、これの柔らかさはスコッティのカシミア以下
なので要注意。

そして、
<<第1位>>

エリエールのローションティッシュelleairのLOTION TISSUE

◆総評◆
クリネックスのアロエでも十分な保湿ぶりですが、このエリエールはそれすら超えました。
あまり売っていませんが、売っていたらコレを買えば間違いありません!

うちの親父も「コレが一番だ」と太鼓判!

まだ花粉はあまり飛んでいないはずだけど、とうとうくしゃみが頻繁に出るようになってきました。。。。
厳しい季節が始まりました。( ̄・・ ̄)フガ…( ̄^^ ̄)ズルッ…( ̄ii ̄)ダラァー

2月 21

技術の進化と共に、色々なものは小さくなった。
ダウンサイジングと省エネというのは、進化の一つの指標とも言える。
コンピュータに使われるプロセッサ部分しかり、それに伴うデバイス部分しかり。
携帯電話も小さくなったし、ノートパソコンも薄っぺらい。
デスクトップマシンですら、Mac mini ならこのサイズ。

実際に見てきたが抜群に小さい。

例えると、CDを納めて持ち運ぶCDケースがあるが、あれの20枚収納用くらい
しかない。
 
 
それなのに、、、、進化から取り残されているものがある。
ACアダプタよ、オマエは、なぜいつまでもそんなにデカいのか?
Continue reading »

12月 16

“SONYの初期ロット”というと、手を出してはいけないモノの代名詞として認知されており、
“SONYの初期ロット”を買った人には、もれなく“人柱”という肩書が授与され、
“SONYの初期ロット”でも物欲を抑えきれず買ってしまう人には、もれなく“信者”の称号が与えられ、
“SONYの初期ロット”で運悪く地雷を踏んでも、それでも尚SONYを愛し、購入をし続け、
自宅の電化製品が片っ端からソニーの者には“漢(OTOKO)”の称号が与えられる、という特典満載の
“SONYの初期ロット”。それは、つまり、プライスレス。。。(泣笑
 
そんなこんなで、今回のPSPもやってくれているようです。
初期不良祭りがいろんな所で起きている模様。
 画面の中に髪の毛、
 液晶のドット欠け、
 □ボタンが戻らない、
 →ボタンがキーキー言う、
 UMDが飛び出す等々
 
今回は様子見ということで正解だったかな?
 
 
(実は12日、始発で新宿に行こうと思って早起きするつもりが、目が覚めたら発売開始時刻の6時だった
ので行くのを諦めた、というのが本当の話だが内緒の話。。。)
 
あ、買うんじゃないですよ。
ただ、新宿の行列を野次馬根性で見に行きたかっただけですから。ホントに。。。>妻

12月 09

別に自慢したいわけではないですが、自分の中でヒットしていたものが、しばらく経ってから
巷でもヒットするということが、結構あります。
スニーカーブームになる前からスニーカを集め出してたし。
airmax 95も発売前から「これはNIKEの歴史に残る」と確信をしてたので、出たら速攻買ったし。
ちなみに、もちろんブームの前なので、普通に定価の1万5千円で。
素足風靴下(丈の短いもの)も、市場に出る前から探していて、アメリカに行った時に
「おぉ、これだよコレ、おれが欲しかったのは!」とFootLockerで見つけて自分用に大量に
買い込んできてたし。
品質がいいな、と思ってPORTERのバッグは知名度がほとんど無い頃に買って使っていたし。
Patagoniaも、流行する前からわざわざ目白にしかなかったショップに当時出かけて、買っていたし。
と、まぁ前置きが長くなりましたが、
 
というわけで、
現在自分がハマりつつあって、これから流行るかもしれねぇぞ、というものをば
願望を込めて紹介。。。
 
1.炭酸入りミネラルウォーター
これを押すのは、とにかく炭酸のシュワシュワ感が好きなわけでの事かもしれませんが、
飲んだ最初は面食らいますが、慣れるとコーラみたいに余計な添加物も、余計な味もないので、
安心して飲めるのでGoodです。(炭酸は天然のもので、人工的に入れたソーダ水とは違います)
商品としては、ペリエなどが有名で、たまにウリベートというイタリアの水をコンビニでも見かけ
ますが、現在の問題点はたかだか水のくせに、コーラなどジュースより高いということです。
まだまだ扱われている量が少ないですが、「あるある大事典」で取り上げられることがあれば
一気にブレークする可能性もあり。そうすれば単価も下がるし、取り上げてくれねぇかな・・・
ちなみに、前も書いた気がしますが、炭酸は体の疲労回復に有効です。
 
2.折りたたみ式ハンモック
既に時機を逸した感もあります。現に我が家のハンモックももう折りたたんでしまいましたし。
最初は子供用に買いましたが、子供は寝相が悪すぎてNG。
というわけでこの夏、主に自分が使って寝ていましたが、とても快適でした。
寝返りを打ったら落ちそうですが、ハンモックに入っていると人は寝返りをしません。
そもそも寝返りを打つのは、ベッドと体が触れあう部分で鬱血したり、圧迫があるからだそうです。
ハンモックで寝るとそれがないので、というわけで寝返りを打ちません。
それがゆえか?よく眠れた感じがします。
背中に汗もかかないので、朝起きても快適です。
椅子に座っていると、体と椅子が触れる部分である尻と背中に汗をかきます。
同様に寝ている時はベッドと触れている背中側に汗を掻くわけですが、アーロンチェア同様
体と接する面がネットになっていれば、熱のこもる部分がないので、汗を掻きません。
起きた時にグッショリと汗をかいていないので非常に快適です。
ちなみに、真ん中がくぼんでいるので、腰が痛くなりそうですが、全くそのようなことには
なりませんでした。
まぁデメリットを強いて言うと、うつ伏せじゃないと寝られない人は使えません。
来年の夏には流行っているかも。
 
ハンモックはまぁともかく、炭酸入りミネラルウォーターは是非とも流行って欲しいところ。

12月 07

デアゴスティーニの世界遺産シリーズで負った心の傷は未だ癒えることはありませんが、
ライバル会社のデル・プラド・ジャパンが先月24日破産宣告をし倒産した模様。
って、ことで『好評発売中』だった連載中の

「マイドリーム ドールハウス」
「クラシック・カフェ」
「世界のレーシングカー」
「世界の航空機 100年物語」
「ザ・バウンティ 伝説のバウンティ号を作ろう!」
「シンフォリーズ DVDコレクション」
「バトル・フィールド」

のデル・プラド コレクションがどうやら打ち切りになった模様。。。ノ( ´Д`)アイター
なんか、何を連載しているのか名前だけではよくわからないシリーズもありますが、
ドールハウスとか、たしかシルバニアファミリーみたいなCMをやっていたはず。
建築中のハウスは野ざらしでしょうか?
伝説のバウンティ号を作っていた人はどうなるのでしょうか?
文字通り『そして伝説へ』ってこと?? ヽ(≧▽≦)ノ

・・・って笑えるかっ!(゜Д゚)ボケェ

11月 17

 以前CNETだったかの記事で読みましたが、米国ではBLOGがぶぁーっと流行した後に、
燃え尽き症候群のように放置されているBLOGが沢山生まれたそうです。
ある程度続けると、それ以降もコンスタントに続ける人と、ぱたっと更新をやめてしまう
人に別れるのだとか。
 というわけで、身近な所でも、よきPC関係全般の師匠的存在であり、飲み仲間でもあり、
物欲っかーでもある「心の友」(byジャイアン)がぱったりとBLOGの更新をやめてしまいました。。。
(自分は何とかかんとか、首の皮一枚でつながってやっておりますが。。。)
ここ3ヶ月半近くで一回しか更新していませんが、果たして復活することはあるのでしょうか?
 
で、本題ですが
 今年の台風でではありませんが、今期の頻繁な雨などで、何度かも使っているうちに
折りたたみ傘が壊れました。軽量タイプのものだったので材質にアルミが使われており、つまり
フレームなどがやわいわけです。これは壊れるのも時間の問題かな?と思っていたらちょっと
ぐらついたらあっという間に折れて壊れました。。。。
 というわけで、長雨の季節でもありますし、さっさと新製品を買うことにしました。
まぁ、普通「どの傘にしようかなぁ?」と言う程傘って有名なメーカーもなければ、何買っても
傘でしかないというようななんか混沌とした市場な訳でして、一般的に傘に特に思い入れのある人も
いないと思うのですが、そんな中で自分が気になっていたのが↑のBLOGで取り上げられていた「ナノカサ」。
先般パームレストで取りあげた「本日の一品」のコーナーにも掲載されてる、「ナノテクノロジーを駆使した
超撥水の傘」とのこと。
まぁよくわかりませんが、水を超はじくらしいということで、他に選ぶのも面倒なので勢いでサイトから早速購入。
今取り扱っている柄は全て無地のモノとなっており、順当に「黒」にしました。
 
コレ結論から言いますと、性能は◎、使い勝手は○です。。
このナノテク撥水加工が今後ずっと持続すると仮定すれば、これは「買って損をしない」と思います。
撥水の性能はとにかく凄く、雨に降られた後たたむ時にバタバタッとやってしずくを払えば基本的に
そのままくるくるとまとめて鞄に入れられます。まったくカラッとしているわけではないですが、
ほとんどサラサラの状態で、全く問題ないレベルです。
商品は半径50cmから5cm刻みであるのですが、50cmじゃちょっと小さいだろうということと、
50cmで100g、55cmで130g、60cmで200gという軽さなので、
サイズと重さのバランスも考え、今回サイズは55cmのものを購入。
主観ですが、軽量・携帯性のためにサイズを犠牲にした45cm位の傘になってしまうと、風の強い
時は雨を防げず結構厳しいですし、55cmあれば折りたたみ傘のサイズとしては十分かなと言う感じ。
重量が130gというのも相当軽く感じます。最近の折りたたみ携帯と同じくらい?という重さですから。
フレームはカーボンも使われており、アルミと違って丈夫なので、強風や人の手で容易に歪んだり
曲がったりしません。

 折りたたみ傘のくせに3400円程しましたが、長く使えると思えばこれは『買い』です。
ただ、残念な点がいくつか。
まず、この傘に限らず3つ折タイプの笠の宿命かもしれませんが、何も気にせず傘を開くと、、、
うまく開けません。。。。一度手で広げて整えてやってから開かないといけません。
そして傘を閉じた後に折りたたんで収納するのに際しても、きれいにたたもうとすると時間がかかる。。。
機能はこの傘位で、開くと自らが伸びて、閉じる時は自らがたたみ折れるような仕組みの傘ってないかな?
 
 
 
 中学生の時、帰りに雨が降りそうだったので学校に持っていった新品の傘を初日(一回も
使っていない)に盗まれて以来、そこらで傘立てに傘を入れて放っておくようなことはしないし、
会社ですら自分の机の横に傘を置いておく自分ですが、そう言う面でも使い終わった後に
塗れていない傘というのはポイントが高いかと。

折りたたみは盗まれるってことがないので、買い換えることも少ないと思いますが、
気になった人は是非どうぞ。

11月 10

リッジレーサーズ(PSP)のゲーム画面の動画が配信されていました。
ヤバッ・・・
携帯ゲームでココまでできるようになったらもう世も末な気がしてきた。
 
 現実の車の運転には全く興味がないくせに、F1とレースゲームを子供の頃からこよなく愛している
訳ですが、リッジレーサーシリーズといえばnamcoの代表的な作品のみならず、レースゲームとしても
代表的なものであります。双塔としてはもう一つグランツーリズモもありますが、
自分はPlayStationの頃からリッジファンであり、気がつけばシリーズ全部持っていました。
しかし、レボリューション(2)とレイジ(3)は狂ったようにやっていましたが、R4、V以降は
車種もコースも増えすぎて、ついでによく分からないサブいストーリーモードなんてものまで
できて、妙に冷めてしまった感がありました。

 グランツーリズモに関しては、3は買ってはみましたが、ブレーキバランスだのなんだのと
実車に忠実なことををウリにしてましたが、返って設定が細かすぎ、挙動やらがやたらシビアで、もう
ライセンスを取るのもうざくちょっとやってドブに捨てました。

 そして先般、 R:Racing Evolutionというナムコの最新レースゲームが、特価980円と激安で売って
いたので買ってみましたが、実車で実コースで走り、走りや挙動なども明らかに現実寄り=グラン
ツーリズも寄りとなっていて、リッジレーサーシリーズの延長ではなかったようです。。。
しかもネジコンも対応しておらず、namcoのレースゲーなのか?という感じで、楽しさ半減で、
正味1〜2時間でお蔵入りしました。
 
それが先月の話。
というわけでここへきての「リッジレーサーズ」。
初期のコースを再現したコンセプト、現実にはあり得ない挙動、アクセル全開でノンストップの
コーナリング&ドリフト=超スーパー爽快感。
特に3つ目の動画の逆ドリフト・・・
自分の中に久々に熱くたぎるものを感じました。。

後一ヶ月か…

いや、別に買う予定はありませんが。

mp3プレーヤにもなるんだっけ。

いや、別に買う予定はありませんけど。。

モバイルムービーに対応しているんだろうか??

いや、別に買う予定はないんで、どっちでもいいんですが。。。

液晶傷つきそうだから、保護シート必要になるかな。

いや、ホント買う予定はありませんから。。。。

 
 
とりあえずHDDに入っているレボリューションのBGMのmp3を聞いて、気を落ち着かせるか。。。
って、、、こりゃ興奮してくるぜ!!
 
フィーバー!フィーバー!レボリュ〜ション♪

オーパキャマラドォ パキャマラドォ パオパオパパパ…

10月 18