4月 21

そう言えば、「電車内での携帯電話の利用はペースメーカーの誤作動を・・・」なんて文句があって利用禁止(現在では優先席以外は通話以外可能)になっていましたが、これは多分こじつけです。
全く無害と言うことはないと思うけど、もし実害があったら絶対今までに一人以上はペースメーカーを使っている人が被害に遭っているはず。
でも聞いたことがありません。。。

現在ではメール等の利用に関しては、上記の通り優先席以外では可能となっているように、電車の中で携帯を使われて困るのは「通話」です。
それでもまだ、若者はいいんですよ。だいたいが普通にしゃべるより小声ですから。

問題なのは年をいった連中です。隣の車両にいるオヤジの声でも十分聞こえます。
彼らはなんで普段も出さないような大きな声ではきはきと元気よく話しているのでしょう?
その意気込みと大きな声で、営業にでも再就職の面接にでも出かけなさいよ。多分日本の不況なくなりますから。。。

まぁ最近は殆ど電車にも乗らないので、電車オヤジ族には遭遇しませんが、街中オヤジ族には遭遇します。
オヤジよ、どうか道の反対側からでもびっくりする位「青年の主張」並みに大きな声を出すのはやめて下さい。。。
あなたが相手の声を聞き取りづらいだけで、相手はあなたの声は十分聞こえてますから。日本の技術力は確かですから。

子供が起きて散歩のペースが乱れます。お願いします。

:::参考資料:::
ペースメーカーへの干渉の割合は、
ドコモ端末(800MHz)PDC端末 6.5%(干渉距離は11.5センチ)
J-フォン(1.5GHz)PDC端末 1.8%(干渉距離は4センチ)
FOMA端末 (W-CDMA 2GHz) 3.6%(干渉距離は1センチ)
au CDMA端末(800MHz) 3.6%(干渉距離は1.8センチ)

PHSは1.9Ghzで干渉距離は2.5cmと言われています。
つまりCDMA端末は単純にはPHS以下の危険度と言えてしまうわけです。

Leave a Reply