12月 16

「はてな」の質問に興味深いモノがあった。

どんな動物は殺してはいけなくて、どんな動物なら殺してもいいの?
という子供からの問いに、論理的に回答して下さい

というもの。
もしそんなこと聞かれたなんて回答します?
ポイントは子供が納得できるレベルの形でそれを説明し、理解してもらえるができるか?というところか。
正論でも、分かりづらいのは意味ないし。
 
自分なら、、、
「自分が生き続けるために必要である限り、(ヒトも含めて)殺してもいい」
と、伝えますね。
ただし、
「ヒトが生きていくために、動物を殺してまで食べる必要はないので、自分が殺されかねない
状況にない限り、(ヒトも含めて)動物は殺してはいけない。」
とも伝えます。
 
「じゃあ虫は?」とかもし聞かれたら、蚊や“足速黒虫”なんかは、目の敵として抹殺する自分としては、
答えようがないですけど。。。(´・ω・`)

2 Responses to “こんな質問を我が子にされる日がきたら?”

  1. olm Says:

    まず、

    「いい」とは何か。

    から始めなければならないような気もしますな。

  2. PROP@kamba Says:

    「許される」とか「罪に問われない」とか与えられる『許可』ではなく、極端な所まで行くと「すべき」という感覚が近い気がする。

    「我が身を、守るために」「はたまた何かを守るために」

    殺していい=殺すべき=殺して自分を守るべし

    みたいな感じか。

    やっぱり原則殺すべきじゃないし、普通に身の危険も、生存の危機もない状態において、むやみに殺生をしていいとは思えないなぁ。

    「殺していい」という言葉は、誤解を招くのでそもそも使ってはいけない。

    「殺していい」という言葉で括って殺して良いものは何もないというのが現在の考え。

    なんだか何も知らずに肉を食べている我が子が可哀想な気持ちがしてきた。。。

    いいのかな。。。

Leave a Reply