2月 08

電車に一緒に乗っても、「私が、あの前の席の人みたいな格好をしたらどう思う?」とか、
「あそこまではやっぱり出来ない。。。」と小声でぶつくさと言っている、最近一所懸命「流行」に
目を光らせて、なんとか付いていこうとしている努力が涙ぐましい我妻ですが、
そうはいっても、今まで生涯オーソドックススタイルで、流行など生まれてこの方一度も追って来ないで
生きてきたので、その性分(しょうぶん)からはそう簡単に抜けだせるものではありません。。。
まぁ頑張れ。。。
 
と、まぁなんだかんだ言っても、流行廃りのない見た目と、機能性重視というのが彼女の性分なので、
靴下はやっぱり『五本指ソックスが最高。冷え性が治った』と、ニコニコしながら毎日履いています。
そんな我妻は、もちろんブランド品に対しては特に興味も示しません。
あえて聞くまでもありませんが、おそらく「値段と機能・性能が釣り合っていない」と思っているに
間違いないでしょう。
 
男としては、シャネラーとか、プラダー(あんのかこんな言葉?)などという、分けも分からず
自己顕示欲のためだけに、無駄に高い世間で『ブランド』と評されている、いかれた価格設定の
各種装飾品を、むやみやたらと身に纏い、どうせ家では納豆ご飯とか食っている平民のくせに
しゃんしゃんと調子に乗って闊歩しているような、そんなバカな感覚を我妻が持ち合わせていなくて
(というか持ち合わせていたら結婚はしてませんが。)そして、そういう人達を、自分と同じように
”理解できない人種”として片づけることが出来る妻で本当に良かったと思う次第の今日この頃なわけで。。。

なので、
もちろんLeave a Reply