4月 20

本当はあまり頻繁に政治ネタを取り上げたくないと思っているんですが、
なんか、そう意識するとそのことが気になって仕方ないんですよね。。。

ちなみに、週末色々あって今週は酒を控えようとか思いましたが、
そうするとお酒が飲みたくなって仕方がないです。。。
 
 
まぁ本来の話を進めますと、、、 
 今回の、ラーメン大陸とキムチ半島の反応を見てつくづく思いましたが、
スネ夫日本も含めて、「国の教える”歴史”は歴史ではない!」んですよね。
確実に。

本来歴史というのは、”過去に起きた事実ありき”で、
それを、その歴史背景や人物の心裏を伴って学び、
過去を学びて、これからの未来を探る、
そう言ったものなのではないでしょうか。

しかし、国の教える歴史というものは、あくまで刷り込みであり洗脳で、
自分たちに都合の良いようにしか教えていない。
本来自分が生まれる前の事なんて、何が真実か分からないというのに。

「自国の歴史を美化したい」という思いは、結婚式で紹介される略歴同様
対外的には言えない部分は覆い隠したいと思うのも分からんでもないが、
自国を美化するために、他国をさげすんで、素直な子供の心に、穿った教育をして、
精神をねじ曲げてどうするのでしょう?

その結果として、妄信的で、短絡的で、幼稚なカルト信者をいっぱい作って、
いつまでも過去にしがみつき、それを盾に免罪符のように現在から目をそらし、
散々金をせびり取っているのに、感謝もしなければ、その事実は教えてもいやしない。
そんな国に未来はあるのでしょうか?
 
 
 
「中国4000年の歴史」とかことある毎に言っていますが、、、
「天安門事件」が歴史の教科書に載っていないと言うことを知って、
閉口しました。(゚Д゚)ポカーン・・・

Leave a Reply