4月 21

先週の木曜日に体調を崩してからと言うもの、どうもどこかしらが不調だ。
空腹でも、食後でも胃が痛く、食べればお腹を壊し、頭はボーッとするし、
眠いし、何をするにもやる気が出ない。
そして何かに取り憑かれたのではないか?というくらい肩が痛くなってきた。
 
肩が痛くて具合が悪くなるくらいひどいので、昨日会社を抜け出しマッサージに行った。。。
多少ほぐれたが、しかし未だに触るだけでも痛い状態。(´ロ`;)
ファイテンのテーピングも貼っているし、首輪もつけてるが、効果なし。
 
 
 昔、うちの祖父の近所のオッサンが、「肩こりがひどい」とナイフを持ってきて
「汚い血を出すから切ってくれ。」とお願いをしてきたことがあったそうだ。
で、祖父は「無理無理。」と嫌がって、結局押し問答となり、最後は自分で
「こうやるんだよ!」と切って、怒って帰っていったらしい。。。
しかも、人様の家を血だらけにしたまま。。。。
それで本当に良くなるのかは知らないが、こんな話を思い出すと、今まで
敬遠していた「針治療」も真剣に考えてみたくなった。(針は血は出ないが。)
 
 
実際の所、針治療というのはどうなのだろうか?
血を抜かれる前から「顔が青いけど大丈夫ですか?」と心配されるくらいに
注射針嫌いなんですが、そういう面も含めて大丈夫でしょうか?
 
 
教えて!>経験ある人
 
 

 
 

マッサージといえば、我が子は一歳半のくせにマッサージされるのが好きだ。
あまり寝てくれない時などは、足や背中を優しくマッサージしてあげていると、
次第にとろんしてきて、くた〜っとなって、目をつぶって、ZZzzとなる。
それにしたって、赤ちゃんのくせに!
全く持って生意気だ!(゚Д゚)
 
小学生くらいになったら、お返しに無料で奉仕してもらうことにしよう。
 
 
ちなみに、
子供にしては珍しく耳掻きをしてもらうのも大好きだ。
大人しく横になり、気持ちよさそうにしている。
爪を切ってあげる時も、大人しく切られている。
ここら辺は、母親に似たのだろう。

3 Responses to “マッサージ”

  1. 匿名 Says:

    わかる!わかるぞ!“我が子”年は30を越えてきましたが、マッサージ、耳掻き、つめきり、小さいころから大好きでした。多分、人肌に触れることがすきなのか?触り魔?いや、触られ魔?

  2. Tech Any2 Says:

    5月病にしては早すぎる&症状がひどすぎますね。花粉の吸い過ぎってことはないですか?

    今年、花粉症を初めて経験した私の意見で恐縮ですが、花粉を吸った日は鼻がつまって、脳に酸素が行き渡ってない感じで、体調がすぐれない&頭がボーッとしていました。

    花粉は関係ないかな…?

  3. PROP@kamba Says:

    ご心配ありがとうございます。

    どちらかと言えば、花粉症を抑えるための薬に原因があるかもしれません。

    副作用に頭痛・めまい・下痢・喉の渇き・腹痛が怒る可能性があると言うことと、

    目や皮膚が黄色くなったり、尿が褐色になったら医師に相談してくださいということと、

    きわめて稀に胸内苦悶・血圧低下・呼吸困難のショック症状が起こる場合がある、ということが書かれていました。。。

    (´・ω・`)

    苦悶や、呼吸困難が起きたときのんきに医師に相談している場合でもないでしょうが。。。

     

     

     

     

    最近「耳掻き」を持って、耳を掻くような仕草をするともの凄い勢いで走ってきて、

    目の前でごろんと横になります。

    すっかり耳掻きの虜になったようです。

Leave a Reply