6月 20

毎日毎日『日本ネクタイ組合連合会』でたくさんの人がこのブログに飛んできてくれる。
「またヤフー?」と思って検索してみたら2位だ。。。

Y!BBにも見切りをつけて、「so-net光」に申し込んでしまったというのに、、、
「ヤフーさん、恐縮です!」

6月10日のエントリーにも書いたが、結局彼ら(連合会)は、今が知恵のだしどころだと思う。
で、思いついたんだけど、、、

中尾彬の“ねじねじ”を流行らせればいいんじゃねぇの?

あれならタイを締めるよりも、首元も開いて涼しげだし、縫製の仕方を変えるだけで
ネクタイの材料使い回せそうだし。

どうでしょう??

ただ、中尾彬を時代のブームに乗せても、そういう世代しか食いついてこないので、
今のよくおじいちゃんとかがつけているひも状のネクタイ?みたいなのと同じ事になってしまう。
なので、
なんか10代の学生とか、20代の社会人を取り込めそうなネタがないとダメだ。
10代には、なんかおまじないみたいな縁起物として。
20代には、携帯とか、社員証を引っかけられて便利です。みたいな実用性をアピール。
30代以上には、あのカマっぽい振り付け師にお願いして、『彬サンバ』を作ってもらって、
「マツケンの次はアキラ!」とブームを作ってしまう。
ついでに彬にCDデビューもさせて、そのCDの初回限定に“特製ねじねじ(非売品)”をつける。
このぐらい集中投下すれば何とかなるんじゃないだろうか?

まじめに考えると、『女にネクタイをさせればいい』と思う。
そう言うファッション、流行を作ればいいじゃない。
市場が2倍だよ。

“ねじねじ”案もまじめだけどね。。。

Leave a Reply