8月 22

久々に育児の話題。
我が子だが、かつて自我が出てきたが言葉が追っつかず、もどかしくて泣きわめいてしまう
ということがよくあったが、最近はだいぶ言葉も達者になった。
ドラクエでレベル上げでもやっているが如く、次から次へと色んな言葉を憶えていく。
 
「ブーブー、おちた。壊れちゃった。」と、さも自分の仕業を客観的に解説してみせたり、
「とーしゃん!おーきーて。あっち!いこーよ!」と、ゆっくり眠りたい朝でも、容赦なく
ビンタを浴びせ、服を引っぱり、冷蔵庫まで親を強引に引っぱって連れて行き、自分の喉を
上手に潤すことも出来るようにもなった。。。(‘A`)
 
 
この休み中は、前半は「ウリャリャ、ウリャリャ」と泣き脅し、スペースチャンネル5のゲーム画面を
延々と見続け、最高(全ステージ1〜6面までを)6回も連続して繰り返し見ていた。。。
(ウリャリャ = ウララ = ゲームの主人公のこと)
 
後半は、「ブーブー、ブーブ!」とナイトライダーのDVDを見せろと、檄を飛ばしていた。
しかも、KITTが映っていないと「ブーブー!ブーブー!」と怒るし(‘A`)
(シーズン1発売日に買ったけど、結局半分くらいしか見てなかったので、これはこれで
こっちも有意義だったが。。。)
 
そんな我が子だが、最近言葉を操ることが出来るようになったのをいいことに、わがままさに
磨きがかかってきている。。。
言葉が通じなくてもどかしいという段階から、自分の言っているとおりにならないと言うことへの
怒りをぶちまけるという状態だ。これも成長過程で通る道なのだろうか?
結構非道いのだが。。。
 
 
昨日はそもそも、
無くしたと思っていた日傘が出てきて、大喜びで傘を差すも5分後には強風でフレームが二箇所も
折れてしまい、打ちひしがれていた妻の不運を始め、
お昼寝の最中に、どういう確率なのか、、、約400戸あるこの建物の何故か地上80m位にある
我が家の網戸にアブラゼミがやってきて、大騒ぎ。
おかげで就寝後15分ほどで我が子起床(普段は2〜3時間は寝る)という、全く持って不運に見舞われていた。
 
が、これらはかわいい方で、悲惨だったのは、
我が子はそんな睡眠時間だったにもかかわらず、夜は一向に寝る気配も見せず、11時をとっくに
過ぎても、「本を読め」「ベッドの上で追っかけっこをしろ」「ベッドの上で一緒にぐるぐる回れ」
と、いつになく強行にジャイアニング。。。
ちょっとでも逆らったり、やる気のない動きを見せると、号泣of号泣。腹の底からリサイタル。。。
 
その大声のおかげで、玄関を開けて風を通すことも出来ず、室内は暑いし、夫婦それぞれがベッドで
一緒にぐるぐる回ったり、「マテマテ〜♪」と楽しそうに発声をすることを強制されての追っかけっこ。
(疲れたような、息の上がったやる気のない発声だと途端に号泣(πーπ))
 
体を動かせば、きっと疲れて子供ももうじき眠るはず、との期待をかけてTシャツがびっしょりに
なるほど汗だくになり、へたれこむしかなくなるほど夫婦それぞれが運動。
ちょっとでも座ったり休むと、「ここ!ここ!」と指を指し、ここに立って回れ!と指導が入る。
ある意味、この指導力と人を動かすチカラは、才能かもしれない。。。(母方の祖父ゆずりか?)
そして、
自分の思い通りにならないと決して譲らない。(母方の祖母ゆずりか?)
 
ふと、
何故オレは自分の子供に汗だくになってまで、こき使われているのだろう?とも思う暇も与えられず、
 
大学生時代に、新宿にある悪徳英会話スクールのウィンザードなんちゃらってやつにしつこく
勧誘され、断っても断っても「なんで?どうして?」と詰問され、「本当にも勘弁してくれ。」
発したとき以来に心の底から言葉が出た。「もう勘弁してくれ。。。」と。
そんな、ある意味家庭崩壊の様相を呈してきたファミリーであったが、我が子は意に介することもなく
何の屈託もない満面の笑みで「マテマテ〜ッテヤッテ!マテマテ〜ッテヤッテ!」と迫ってくる。。。
 
「天使の皮を着た悪魔だ。。。」と、寸前までの泣き叫んでいたときの表情からのあまりに豹変する
笑顔ッぷりに、そうつぶやいた。
 
そして、「マテマテ〜♪」とやらないと分かるや否や、顔中をしわくちゃにして、ギニュー特戦隊
リクームのイレイザーガンでもやらかしそうな勢いで口を大きく開き、咆哮する。。。
 
 
 
「…お願いです。。。もぅ勘弁してくださぃ。」
 
 
ドラクエだったら教会に連れて行って、呪いを解いてやりたいところだが、そう言うわけにも
いかないので、無理矢理ベビーカーに乗せ外に連れ出した。
 
そうすると、まるで憑きものが取れたかのように、2〜300m位歩いたらあっという間に眠りに落ちた。
以降完全に脱力し、暴走することもなく朝まで完全に沈黙。
天使は天使でもシト(使徒)のようだった。(cf.エヴァンゲリオン)
 
 
悪夢は寝てから見たいものだ。。。
 
 
どうか聞き分けのある子に育ちますように。。。

4 Responses to “子がもたらす不運?”

  1. vakatsur Says:

    末恐ろしい息子。。。

    何がすごいかって、一番似たのは父親のような気がするのは

    僕だけでしょうか?

  2. PROP@kamba Says:

    天使のような笑顔だけは父親似

    と、もっぱらの評判ですが、、、ナニカ?

  3. vakatsur Says:

    なるほどぉーっ!

    「天使のような」だが、「天使」ではない、

    ということですね!納得。

  4. PROP@kamba Says:

    そうっすね。

    まぁ僕は、「天使」ってよりは

    イメージ的に「エンジェル」って響きですかね。

     

    やっぱり。

Leave a Reply