10月 27

六本木のドンキが屋上に「絶叫マシン」を建設中で、反対が凄いらしいが。。。
 
ドンキの主張は、
専門機関の調査で騒音は悪化しないとの予測を得たとし、
「安全対策を万全に整え、周辺環境への影響がないことを確認した」そうだ。。。
 
ちょっとまて!
オマエラが作っているのは、、、絶叫マシンだよな???
 
夜を徹して動かすそうだが、夜じゅう「ヒーヒー!」「キャーキャー!」と
声が聞こえるマシンを動かし続けて、周辺影響がないと・・・?
 
猿ぐつわでもするんですか?と。。。
 
住民に対しては説明会の方式はとらず、「安全確保や運営方法について、近隣の方々や
組合を個別に訪問し、ご理解を得られるよう、インタミン・ジャパン社と共同で説明していく」

そうなので、
 
一軒一軒で、「客には猿ぐつわ噛ませますんで、声は漏れません。」と言って欲しいね。
もしくは
「断じて“絶叫マシン”ではありません。この程度のアトラクションで
むやみやたらと奇声を上げる奴は、レイザーラモンHGか、マイケル位かです!」
とでものたまってくれ。
 
 
本当に影響がないのなら、
そこで録音したマシンと絶叫の音をオマイラの自宅のベランダに置いて
自分ちの奥さんが絶叫するか否か?検証してから運用しろや。
 
 
しかし、本当にしょっちゅう事件ばかり起こしているよな、この企業。。。
最近じゃ、他にも『不採用高校』リストとか作ってるし。。。

Leave a Reply