1月 20

出川並みに「ヤバいよ、ヤバいよ」といわれていた今年の(鳥)インフルエンザですが
幸いにして、今のところ日本では騒ぎにもなっていないし、周りでインフルエンザに
かかった人を数名聞いたが、特に拡散もしていない様子。
 
で、インフルエンザや風邪の予防に重要な事というと
 
1.手洗い
2.うがい
3.人混みを避ける
4.マスク

 
って感じですが、(後は抵抗力を付けるためによく寝るとか、栄養取るとか。)
 
要は、ウィルスに接触した手を通しての経口感染と、その菌や、呼吸の時の空気から
入った菌ののどでの増殖というのを抑えればいいわけで、そのためには人混みのような
ところでむやみに菌が散らばっているような所は、避ければいいということ言っている
わけですな。。。
 
というところまでを考えてふと思いましたが、、、
通勤電車ってヤバくねぇか!?
密閉した空間だし、人多いし、誰が触ったか分からないようなつり革に掴まるし。。。
オッサンとか手で口を覆うこともなくゲホゲホと思いっきり咳き込んでるし。。。
不特定多数の人が一堂に会したうえに、菌ごと運んでるし。。。
 
 
まさに感染場所の最有力候補だろうが!(ネゴシックス風)って思ってたら
やっぱり本当のようです。
 
新型インフルエンザ 満員電車の通勤が感染加速
 
東京大生産技術研究所と国立感染症研究所の研究者が共同で発表してます。(-益- )
 
 
ということで最近電車の中では、つり革捉まるときは手袋してます。
 
 
ちなみに、
インフルエンザウィルスはマスクの目よりは遙かに小さいので、マスクをしても
菌の侵入を阻止することは出来ないそうで、その効果としてはせいぜい喉を乾燥させない
ことで、喉での菌の増殖を抑えるくらいしかできないそうです。
が、とはいえ、電車の中の5秒に一回咳き込んでいるようなオッサンの近くでは
つける価値はあるでしょう。
菌はオッサンがくしゃみをしたときに唾液の飛沫の中に入って飛んできますから。
 
まぁ近くにそう言うオヤジがいたら車輌を変える方が賢明でしょう。
 
 
 
まだうちの子がいく保育園はかかった人はいない様子だけど、気をつけねば。
ホント保育園は細菌のハブみたいなところ。
先日は子供が飛び火をもらってきましたし。。

Leave a Reply