6月 28

カナダを訪問中の小泉首相が
靖国神社参拝について「何回行こうが問題にならない。個人の自由だ」
と語ったそうだ。
 
この件で、また色々と野党が騒いだり、波紋が広がったりしてもいるそうだが、、、
 
 
個人的には、諸外国から無闇な反感を買うような靖国参拝は、首相という立場の人間は
まぁ、しない方が賢明だろうな、と思っている。
 
だが!
 
しかし!

 
小泉嫌いのオレだが、首相の代わりにはっきり言っとく。

「今更やめられるか ボケェ!(゚Д゚)」
 
 
参拝をする小泉首相が正しいかどうかは別の問題だし、オレには分からんが、
 
はっきり分かっていることは、
 
Φ国政府や、ましてや韓国政府なんぞに内政干渉で、しかも根拠のないクレームを付けられて
 
それで仮にも日本の国家元首が「ごめーんね♪」とでも参拝を中止したとなったら、、、

 
 
日本はどこまで、この“自国内を制御できないから、日本に矛先を向けケチを付けることしか
自国をまとめるための方法を知らないダメ政府とそれに煽られているその国の人々”に
これから先々も舐められ続けることになることかっ!!!

 
 
 
 
頭に血が上った人に、色んな話をごちゃ混ぜにして、突っかかってこられても困るので、
 
最後に言いたいことをまとめておく。
ニュースではごっちゃに成っていることが多い気がするが、問題は2つに別れている。
 
1.首相の参拝の是非
2.現在の首相の参拝継続の是非
 
そして、
2に関しては、絶対にあいつらの図に乗るような行為をしてはダメだということだ。
 
 
 
以上

Leave a Reply