12月 18

最近、年を取ったせいなのかめっきり寒さに弱くなった気がする。。。
冬に実家のある長野に帰ったときなど、「本当に、俺はここに住んでいたのか?
つうか、こいつら(=長野市民)みんなアホか!?こんな寒いところに住んでないで
引っ越せヨ・・・。実家、もう冬は帰りたくねー(TT」とか思う。
 
まぁ長野の寒さは帰省したときにしか味わわないのでいいのだが、
東京にいても、やっぱりどんどん寒さが辛く感じるようになっている気がする。
 
大学時代などは「東京でダウンジャケットって、、、どんだけ『寒がりさん』なんだ!」
と街ゆく民を見て思っていたくらいで、東京の冬なんて薄手のコートで充分だったのだが、
 
今年はダウンジャケット、、、とうとう買ってしまいましたよ。。。
 
・・・あったかいね♪
 
 
ところで、浴室には
『浴室暖房』という機能が付いている。
お湯をすくって、適当に撒けば浴室はあったかくなるし、
「何甘ったれた機能付けてんだよ!意味わかんねー」って思っていた。
 
「おれもそう思っていたけど、これ使うとやめられないよ」みたいなことを
同郷の友から聞き、「そんなもんかねー?理解できないけど。」くらいに思って
聞き流していたのだけど、そうこういっているうちに、前述の通りめっきり
寒さに弱くなってきたので、先日朝シャワーを浴びるときにこの『浴室暖房』という
機能の存在を思い出した。
 
そして
「あぁ、なるほど!もしかして、この『浴室暖房』ってのは、こういう
寒い日の朝に、シャワーを浴びないといけない時にこそ活躍する機能なんじゃないか!」と
気付いた。
「それならそうと早く言ってよ〜。そうだよな〜こういう日に浴室が暖房で温かかったら
マジで便利だヨー。早速スイッチON!」とやって、『浴室暖房』をつけてから
服を脱ぎ、シャワーを浴びだしたわけだが・・・・
 
 
えっと、、温風でないんですけど。。。。
 
「まぁ、あれか、温風が出るまでちょっと時間がかかるのかな?
エアコンとかもそうだもんね。。。」とか思ったが、ただただ吹き付ける温かくない風
(この場合温度的には『冷風』と呼称して問題はない。)が濡れた体に吹きかかる。。。
 
 
「まぁ、なんつうか、むしろ寒いよね。一般的に。この状況。。。」
とはいえ、
「もう少ししたら温風が出るかもしれない。」
「今止めたら寒がり損だ。」
 
なんて思うと、もう後には退けず、天井の送風口を上目に見ながら、普段より
余計に寒い思いをしながら、
「もはや、さっさとシャワーからでたほうが寒くないんじゃないか?」
「むしろ、ここで出たら負けじゃね?」
とか訳の分からない何かとのガマン比べみたいになってきて、、
一体この後どうなるんか・・・?なんて思いながらも浴びていたが
 
「まぁなんつうか、全部洗い終わったし、このまま残ってても無駄じゃん・・・」
という”冷静さ”がこの闘い?をブレークし、シャワー終了。
ということで、
10分ほど、ただ風を浴びながら寒い思いをしてシャワーが終わり、バスタオルで
体を拭いていたら、、、、
 
天井の眠れる獅子が目を覚ましましたヨ。。。。
「グォ〜〜〜〜ン!」とか音を出し始めて、待ちこがれた温かい風が出てきた。
ホント意味ないね。
スイッチ入れて温風出るのに10分って・・
 
しかもコントじゃないし、こんなところで笑いとっても意味ないから。
つうか笑えないし。
 
 
ということで、結局『浴室暖房』、、、冬でもシャワー派のオレには使えない。
 
そして、やっぱり湯船につかるなら『浴室暖房』は要らない気がする・・・

Leave a Reply