4月 22

息子が保育園や幼稚園で色々な歌を憶えて帰ってくるわけだが、
その都度思うのが、『童謡は続いているのだな』と言うこと。

自分が昔教わったものがそのまんま30年近く経ってもまだ歌われている。
童謡(唱歌)に限らず「おにーのぱんつは、いいぱんつー♪」みたいな
カジュアル?なものまで続いている。

それにしてもすごいと思うのは、字がほとんど読めない子供は
耳コピーだけで歌詞と音階を憶えている、ということ。
レパートリーもふんだんにあり、結構な記憶力だと感心する。

とはいえ、耳コピーなので間違って憶えていることも往々にしてあって
よくよく聞いていると、何となく分からないでもないが思わず笑ってしまうような
面白い「言いまつがい」があったりする。

【アルプス一万尺】 (作詞:息子)

『アルプスいちまんじゃーく、子ヤギのうーえ〜で、アルペンおどりを・・・♪』

確かに(笑

生涯使うこともない単語「小槍」よりも「子ヤギ」の上の方が大人でもイメージがつく。

無類のハイジ好きの我が子ならではの、グッドアレンジ!♪

ま、背中の上で「アルペン踊り」とやらを踊られる山羊が可哀相だが…

スキンリペアゲル

スキンリペアゲル

販売価格¥3,990

様々なお肌トラブル、どれもなんとかしたい。。でもいいと言われるものは高いし、本当に効くの!?って思いますよね。…

商品詳細ページへカートページへ

Leave a Reply