6月 29

6月が誕生日と言うことで、色々なサイトやサービスから6月限定ポイント2倍とかそういうクーポンが送られてきたりしたのだが、そういう月に限って何も欲しいものがなかったりする。。。

(-_-)

そういえばこの時期は世間一般は賞与のシーズンですな。

転職後の会社では賞与が無くなってしまったので、なんか大金を手にする楽しみが一個(二個)減った感じ。

まぁ毎年賞与を大学時代の奨学金の返済に充てているので、手元にはあまり残らなかったりするわけだが。。。

賞与が無くなったと言っても、業績さえ上げればオプションで業績給なども出る会社なので、今やっていることでなんとか業績を上げて、本当の意味でのボーナスを手にしたいし、そのためにも頑張りたい。

ちなみに、以前の会社では年間の給与を16で割って、2ヶ月分を年二回支給してくれていた。つまり会社の業績にかかわらず年初に決めた賞与は自動的に払われるわけで、あまり面白みはなかった。というか、面白い面白くないはどうでもよくて、沈む一方のあの会社は賞与を払うお金があるのだろうか?と、心配になってきた。

ざっくりと計算しても多分3億円程度の持ち出しになるはず。

2chでも現役社員やOBとおぼしき人間がカキコミをして盛り上がっているし、いよいよヤバそうだ。

以前自分が書いた「脱北」みたいなことを書いている人もいて、やっぱり気づいている人は、みんな感じるところは共通してるような気がした。(2chは情報を収集するところで発信する場所ではないので、ましてや不毛なカキコミなど無意味なことは自分はしてませんので。一応。)

株価もいよいよ70円台を割りそう。

少ないながらも持っている株券ももはや紙くず同然に。。。。


以前いた会社が結局こういうような世間から疎まれる形で、幕を引かざるを得なくなることはやはり寂しいわけだが、経営陣を主導に、身内の社員を欺き、顧客を欺き、世間を欺いて自社中心のやり方をやってきた結果として、受け入れるべきかと思う。

自分達の無謀な目標達成というお題目を成就させるために、そのためなら何をしても良い、という姿勢が曲解された形で恒常的に社内に蔓延し、善悪の区別も麻痺した状態で経営をすると言うことは、もはや止めなければならないし、止めるためには今いる人間が入れ替える必要がある、入れ替えなければ変わらないのだから。

なぜなら

組織自体が性根から腐っている会社。

例えば、非率先垂範。

上に立つ人間が、模範になっていないことに尽きる。

大昔で言えば、会長が社内の喫煙室を排除し社員の喫煙をやめるように高らかに宣言をしたことがあったが、飲み会の席などで役員が率先してタバコを吹かしてやがった。

などという軽いジャブから始まり、「下に言っていることと自分のやっていることが違う」=人に厳しく自分に甘いというのが本質的にはびこっている。

クチ達者が故にのし上がっていったような連中だから、物事を全部正論で語る中身のない奴らなわけでこうなるんだろうが、下に向かっては偉そうに、とってつけたような論理展開をするくせに、自分は「そういうのきらいだから」程度の理由で社内のイベントには参加しないとか、おめー何様よ?的なそういうことが横行。

(同じことをそいつの部下が言ったりしたらきっと激ヅメなんだろうけど(笑)

下が上に物言えない軍隊的風土ことを良いことに好き勝手。。。

コストダウンが叫ばれている時にも、役員は毎日タクシー通勤

それでいて「コストダウンしろ!」って社内に号令を掛けても誰がついてくると思っているんだろうか?

まるで自分が見えてない。

その行動が社員からどう見られているかもまったく気づけていない。

自分は人格者かなにかでパーフェクトだと思ってる。

客観的には「デブに痩せろ」「ワキガの奴に身だしなみに気をつけろ」と言われているような状態なのに、自分はパーフェクトで誰からも尊敬されているイケメンとでも思いこんでいるんだろう。

そして気づけない。

誰も言ってくれないから。

自分達がそういう風土を創って、強いてきたから。

そのこと自体にも気づいてない。。。

『矢印を自分に向けろ』みたいなことを平気で周りや下に向かって言うくせに、自分が向けていない。

そしてこれまた、そのことに全く気づいていない。

自分がどう見られているかも。

イタい。イタすぎる。。。

だからこれ、全部一度無に返さないとダメ。

こんなやつらが上にはびこっていて、なんで会社が改善するだろう??

何かと言えば正論、

不確定な情報での決めつけ

聞く耳を持たない体質

責任を外に求めるやり方

全てがダメ。

外に向けてエラそうにいっていることとは裏腹に自分らがやっていることは独善的で全て糞。

今ある現状や、世間からの目に対しても、疑いもせず「自分たちの理想や理念が正しく理解されていないだけだ。」と思っている。。。

そもそもそういった状況を引き起こしている原因こそが、自分たちや、そもそも自分らの立ち振る舞いにあると言うことに全くもって気づいていない。

現場のことも知らずに上からエラそーにもの申し、「コレ誰の責任だよ?」とか何も分かってねーくせに正論かざして怒ったりしてる。ホントもーね、バカかと。。。

「オメーだよっ! どんだけ麻痺してんだ、テメェは。」と、思ったものだ。
正論で武装し、社員に語るが故に、未だ会社で社畜をやっている友人知り合いに話をしても全然通じない時がある。。。

正論はそれ自体は正しく聞こえることだから。

まったくおかしな論理展開をしているのであればひっくり返すこともできるだろうが、正論自体は正しいからそこに入り込んでひっくり返すのが難しい。

表側が白く塗られた黒い紙のようなもので、社員は表のまっさら白い正義のうえに立ち、仕事をしていると思っている。

いよいよなんかうっすら黒い部分が見えてきたんだけど、、、?

というような雰囲気も社内には出てきているようだが、早く白く塗られたブラックの紙の上にいることに気づいて欲しい。

でも現状においても離れようとしないのは、もう救いようがないのかもしれない。

その状況を受け入れて、もの言わず、もの考えず、思考の主導権を会社に渡して、自分の尊厳を譲り渡してしまったような人にはもう、手の施しようも無いのかもしれない。完全に受け入れて、それで幸せだというのだからそのまま一緒に沈没するのがその人にとっても納得のいくエンディングなのだと思う。

それを体験しないと、人生はリセットできないんだろうな。。。
2chでも叩かれているが、儲かっていない会社が何を偉そうに講演をするのか?と言われいているが、これまた自らが見えていない良い例だ。

訴訟を起こされている、ことへの見解での挑戦的な発表も、マイクロソフトがXBOXを失敗した時の対応によく似ている。

「世間は何を言うとるんや。ホントのことが分かってない」という視点しかなく、それ一辺倒に終始し、その主張を受け取る相手の視点も考えずに自分達の展開する正論を晒している。

講演などで自分達がよく言うことが、今自分達に当てはまっていることに気づいてない。

“おまえ達こそが

過去の成功体験に固執している”

いい加減そのことに気づけ。

失敗し続けているのに、同じやり方、同じ手法。

同じような文面、同じような煽りでセミナーを開催し、そこから加盟者を募り加盟させて、、、、(以下略)というやり方を未だに繰り返していることにゾッとする。

仕組み自体が人を利用してやろう、という姿勢やコンセプトなのに、社員に対しては、「顧客志向で」とかはずかしげもなく言って、兵隊は本当にそう思っているんだろうな。。。ホントダメだな。。。

なんでこんな非常識がまかり通っているんだろう?

全てを捨てるつもりで姿勢とやり方を変えろ。

それができないならば、社員や、会社や、社会のためにもやっぱり無くならないといけない会社なんだと確信する。

それがみんなのためだ。

願わくば、へんな悪あがきやNOVAの猿橋のような使い込みをしたりせず、社員に十分な支払いができる資産を残した上で、潔く幕を閉じて欲しい。
ま、こんなところで書いたところでなんの影響力もないわけだが、いい加減いろいろ腹立ってきた。

Leave a Reply