4月 29

トラックバックをしてみました。
でもだから何なのか?と言うことがよく分かりませんが、気になる人はリンク先を確認してみて下さい。

閑話休題
言葉の誤用ですが、個人的にはこれはとても嫌いです。自分が誤用をして平然としていないように、日本語の誤用には結構気をつけてます。(とはいえ、口の悪さ系は無視。)
でも先般書いたATOKくんですが、たまに注意してくれますが、トラックバック先の[翔ソフトウェア]のURLを確認して間違っているのを試しに打ってみても注意してくれません。。。
やっぱり自分で知っていないといけないようです。
 
 
普段誤用が気になるのは会社で公然と使われている時です。

例えば、
『シミュレーション』を『シュミレーション』
『喧々囂々(けんけんごうごう)』と『侃々諤々(かんかんがくがく)』を『ケンケンガクガク』
等々。

『腹を括る』も誤用が転じて一般的になっている『一生懸命』と同じような感じになりつつありますが、まぁ腹を括って(=紐で結んで)どうするんだ?という話なわけで。
「腹を据える」、「腹を決める」って意味で「覚悟を決めたり」、「決意をする」ってことなのでしょうが、メール等で見るたびに送信者の人が紐で腹を縛っている姿を想像してしまいます。。。
 
 
ところで
今まで『これは…(汗』と言うのが一つあります。
それはなんと、我が社のスピリッツマニュアルにありました。
【汚名を挽回する】という言葉。。。

汚名を取り返して、どうするの?