5月 22

赤ちゃんと言えば「よだれ」。
いつもだらだら流しているイメージがありますが、実は生まれたての頃から
数ヶ月はほとんどよだれを流しません。
最盛期には一日に何枚もよだれかけを変えないといけないくらいに流しますが、
6か月頃を過ぎるとほとんど流さなくなります。
そのかわり何でも口に入れるようになるので、顔の近くに指などを持っていくと
噛み付かれます。(ちなみにこの頃既に下の歯は生えています)
しかもおもわず悲鳴を上げるくらいに思いっきり噛んでくれます。。。
(自分の指もしゃぶっていますが、人の指は容赦しないようです。)
とまぁ、何にせよこちらの指もよだれでべちゃべちゃになるわけですが、
なんと、実は赤ちゃんのよだれは臭くないんです。
しかも乾いた後はサラサラしていて、ベタべたもしておりません。

まだ体の中や、口腔内に雑菌などがいないせいなのでしょうか?

5月 22

ヒロシです。
本当の名前は『健一』です。。。