9月 30

先日、ゆとり教育のせいで小学生の4割が「太陽が地球の周りを回ってると思っている」と
ニュースで取り上げられて、各社各局コメンテータは元より、うちの会社の人まで
「ゆゆしき事態なり!」って話をしていたけれど。。。
太陽が回っていると思うんじゃねぇの?普通。
同じ位の大きさに見える”月”は地球の周りを回っているんだし。
要は、学校で教わるかどうか、その遅い早いの違いでしょう。
でも教わったところで、それが理解できやしないんだし。
天体望遠鏡で火星の軌道を調べて、『こんなことはありえない… (゚ロ゚;!!もしや!?』
とかいって、誰からも教わらずに”地動説”を知り得る小学生の方が恐ろしすぎるぞ。。。

「日は昇る」んだし、「夕日が沈む」んじゃん。言葉では。
普段は大人だって誰も意識してないし。
「わぁ綺麗な御来光だねぇ…』なんて言っている人に向かって
「分かってると思うけど、太陽が昇って出てきているんじゃなくて、地球が回ってるんだから
御来光が綺麗と言うよりは、”地球の自転って素敵だねぇ”の方が正しいんじゃねぇの?」とか
言って、ぶん殴られてみますか?

そんなことよりも大人のあなたは、
”なんで海は青いのに、水は透明なの?”
”なんで空は青いのに夕焼けの時は赤いの?”
って子供に聞かれて答えられますかって話だ。。。

こっちが答えられない大人の方が絶対ヤバいし。