12月 10

トイレで手を洗う時に、ハンカチをくわえて手を洗い、その後それで拭く人がいますが、
一番汚いんじゃないか?それは。。。
まず、洗う前の手でハンカチに触れいてる、それを口に持っていく、、、って時点で(´・ω・`)
で、それを繰り返したハンカチをその後何度も口に持っていく、、、、ドンナモンカネ?
せめてあごの下で挟むとかしたら?
他の人がどうしているかは知りませんが、自分はポケットからハンカチの先をちょっとだけ
出してから手を洗い、その後指で挟んで引っ張り出して拭いています。
まぁ何をしたところで厳密には気休めにしか過ぎませんが。。。

12月 10

会社で官能調査を受けました。
ちなみに、官能と言っても「性に関する感覚」のことではなく、「感覚を生じさせる器官のはたらき」
の方です。味覚の感覚が優れている人のみが合格できるという平均16%位しか合格できないという
狭き門のテストです。テストの詳細は契約上あかすことができませんが、要は“味皇”なら合格って
テストなわけで、微妙な味の違い、濃さなどの違いを判定します。
ちなみに、おいしいものを食べた時に、合格するために口から光線を吹き出す必要はありません。

結構味比べなどは絶対的評価ができる方かな?と思ってはいましたが、合格の自信は、、、微妙。。
言い訳じゃありませんが、風邪上がりの時は嗅覚が鈍るのです。。。

ところで、
人の味覚に対しての嗜好というのは、元々人として持ち合わせているものと、食文化の中で作られて
行くものと、どのくらいの割合で作られているのかは知りませんが、いわゆるゲテ物などを考えても
子供の時から食べていたかどうかで、あるモノを食べられるか否かってのは決まっていく気もします。
納豆なんかは、その良い例なのではないでしょうか?
両親とも納豆が嫌いな家に育てば、食べる機会は給食位しかありませんし、親が「マズい、マズい」
「あんなものは食い物ではない」とか言っているのを聞いていればそれを頭に刷り込んでしまいそうだし。

一方で“辛いものが食べられない”、というような“お酒が飲めない”のような体が受け付けない
というものはどういう原因で起きるのでしょうか? こっちは、遺伝ではない先天的なものが関係
しているような気がします。
辛いものが食べられない親の子供が、辛いものが食べられないというのは聞いたことがないし。
ちなみに、野菜を食べられないという人がいますが、これは遺伝だそうです。(有名なのは中田英寿)
これは好き嫌いのレベルの話ではないようです。
そういう体質なので、お酒を飲めない、というのと同レベルのものと言えるでしょう。
ちなみに、我が家は、片方は肉を食わない、もう片方は辛いものが食べられない、と言う状況なので、
お互い外食をする時などは、気を遣い大変です。。。
 
 
 好き嫌いと言えば、、、
誰も賛同してくれないと思いますが、自分は「好き嫌いは殆どありません」
えぇと、、何度でも書きますが、「好き嫌いは殆どありません」これは確かです。
一見好き嫌いが多く見えるのは、ただ、選り好んで食っているからだけです。
食べるのがどうしても嫌な味なのは「セロリ」だけです。
肉は、自分の観念・理念上食べないことを選択しているだけです。
後のものは、多少の我慢の度合いにもよりますが、基本的に食べられます。

逆に、自分には
「チーズが嫌いだけど、ピザはOKです。」とか、
「トマトは苦手だけど、ケチャップはOK」とか、
「生魚はNGだけど、焼けばOK」みたいな方がハァ?(゜Д゚)ハァ?(*゚д゚)ハァ〜〜?
って感じなんですけど。。。いかがなもんでしょう?
 
 
ちなみに、
選り好んで食うってのは、例えば“おいしいモノから食っていく”ってのに近い考え方です。
果物などでは、悪くなりかけたものの方から食べていくってのが多分通説ですが、自分はその時
一番おいしそうなものから食べます。悪くなりかけの「おいしさー2」みたいなのを結果的に5個
食べるよりは、最後の一個は腐って捨ててしまうことになっても、「おいしさ10」のリンゴから
おいしい4個食った方が幸せだと思うのですが、なんか間違ってますかね?
おいしいモノを食事の最後に残しておいて、満腹中枢が刺激された後の頃に食べるよりは、
空腹の胃袋が食べ物を欲している時に、一番の好物を放り込んでやった方が、脳みそも喜ぶと
感じるんですが、なんか間違ってますかね?
 
つうか、
子供の頃はスキナモノを最後まで取っておいて、食べた記憶があるのですが、いつ変わったのか?>オレ
「皿田きのこ」みたいな経験(=ショートケーキのマンモス苺を残しておいて、父親に
食べられる)をした記憶があるので、それかもしれないな。。。
きのこみたいに、「ぐれてやるー!」とか言って家を飛び出したりまではしませんでしたが。。。
 
(ちなみに、皿田きのこはアラレちゃんの登場人物で、三輪車に乗って「ナウいわ」「あんた、いもネ」
などと言っていた子供のこと。)