2月 03

お昼は恵方巻を食べました(が、さすがに一本だけでは足りません。。。。)
途中ペットボトルの水をこぼしそうになり、危うく声を出しかけましたが、
無事無言で完食しました。

恵方巻が関西の文化だったのが昨今広まったと言うことは、書くまでもありませんが、
節分の恒例行事として全国的には、「豆まき」で「鬼は外、福は内」。
実はここに事件(というほど大げさなものではないけど)が!
 
先ほど、人と話していて気づいたのですが、『大豆』を撒くのが普通だと思うのですが、
よくよく思い出してみると、長野は「落花生」を撒いてます。。。
節分に落花生というのは北海道人によると(赤飯の豆は甘納豆同様)常識らしいです。
ネットでも『節分、落花生』と入れて検索すると、北海道が真っ先に出てきますし。
で、ちょうど周りにいた人に確認すると、『秋田県出身者も落花生』と言うことが分かりました。
(関東近郊は、全員「大豆」)
 
サンプル数が少ないので、信頼度は低いですが、もしかすると『寒い地域は落花生』という
ことなのかもしれません。。。。
 
ちなみに落花生なのには理由があって、『撒いた後に拾って食べられるから。』
3月位にひょこっと出てきた、残党を開けると、カビだらけ・・・というのは子供の頃の思い出。
 
 
 
今晩は、鬼の面を被って子供を号泣させてみたいと思います。