3月 29

新東京タワーの候補地が墨田区の業平橋らしい。。。
自転車で通勤をしていたときには、毎日候補地と思われる辺りを通っていたが、はっきり言って何も無い所なわけだが。。。
あんなところに建てたとして、あそこらへんは観光地にでも成りうるのだろうか?

東京タワーというのは、色んな面で不思議な魅力の建物だと思うのだが、そんな東京タワーの二世が、あんな場所に建てられてホントに良いのだろうか?
まぁ、現東京タワーが無くなるわけでもないようなので、いいのかな。。。

東京タワーは、どこか富士山にも似たシンボルであるように思う。
今は新築のビルに半分隠れてしまっているが、五反田の我が家の窓からも見える東京タワー。
我が家に初めて訪問してきた人も大体の人が東京タワーが見えることに反応を見せる。

自分としても、目の前に建設中のビルのせいでまもなく東京タワーが我が家の窓から見えなくなるのが、至極残念であると思っている。
なんか、東京の象徴というか何というか、やっぱ景色の中でインパクトが強いんだろうな。
造形的にもそのシェイプは美しいと思う。

そんな東京タワーだが、行ったのは小学校五年生の時に、東京に遊びに来たときに一度行ったきりだ。
東京タワーは、外から眺めるもので、中に入るものではないとも今となっては思う。
何せ、333mの高さの塔のくせに、展望台のある辺りは150m位のところだし。
しかもそこに行くのに現在820円かかるらしい。工エエェェ(´д`)ェェエエ工
(都庁なら200m超の場所の展望台なのに。しかもタダ。)
更に第二展望台(300m弱位の所にある)に行こうとすると、追加で600円かかるらしい。
たかだか塔に登るだけで、1420円も払うなんてバカげてやしないだろうか。。。
そして、塔の直下にある土産屋などは、「努力」とか「根性」が本当に売っているし。。。
時代錯誤な商品や、外人向けのコテコテの理解不能な商品群ばかり。
そして、意味不明なできの悪い蝋人形館。。。なぜか魚を売っている水族館。。。
もしこれが、狛江あたりにあったのならば、まだ見逃してやろうという気にもなるが、東京の中心に位置して、港区のこの建造物の中で売っているものがこんな田舎者と外人を騙すためのまがい物ばかりでは、ホント申し訳ないというか、情けなくて涙が出てくるというか。。。。

で、
新東京タワーだが、東京の新しい顔になるからには、それなりのものを期待していた、のだが、、、業平。。。(;´Д‘)y─┛~~
しかも、カッコ悪くない??

でも、今度のタワーは600m級なので、きっと色んな所から見ることが出来るのだろう。しかも完成は地上デジタル放送完全移行の2011年までに、というから、結構早いよね。

また、『第二展望台』らしきものが見えるのが気になるが。。。。

3月 29

巷では社会現象になっているらしい、NANAという漫画。
最近12巻が出たらしいが、11巻までで既に累計1700万部も売れて、漫画の中に出てくるバンドをイメージしたトリビュートアルバムまで発売されるという、なんかよく分からない盛り上がりぶりだ。。。

とりあえず気になったので、(連載中のものは続きが気になるので、あまり気が進まないが)
12巻までを読んでみた。女性コミック系の漫画を読むのはおそらくBANANA FISHぶりだ。
(BANANA FISHは、画風はあまり好きではなかったけど、ストーリーはとても面白かった。)

女性がNANAを読んで、どんな感想を抱くのかはよく分からないが、男の視点で読むと女性の心理が分かりやすい、と感じた。男子は、高校生くらいの時に読んでおくと、参考になるんじゃねぇの?と言う感じ。

あとは、寂しさがテーマ?の漫画と言う感じがした。
とにかく読んでいて、「寂しさ」を感じさせる場面が多い。
穿った見方をしてしまうと、嬉しい、悲しいという感情は人それぞれなのに対して、「寂しい」というものはだいたい共通している。誰もが持つそれを、読者への共鳴のツールとして最大限にうまく活用している漫画といえる。
寂しさを訴えかけると、人は共鳴しやすいんだ、多分。

書き方からして、奈々とナナはそのうち何か理由で、離ればなれになる、という設定が前提で1巻から書かれているので、そのうちナナがが死んじゃうっぽい気がする。。
(人気漫画なので、そう簡単には死なせないだろうけど。編集部が。)

秋には映画も公開されるらしい。中島美嘉はキャスティングとしてはナナに最適っぽい。。

続きが気になる。13巻早く出てくれ〜〜