5月 20

我が子ももうじき1才8ヶ月。
最近ではただの名詞の単語の発声から、「●●ないない」「●●いっちゃった」「ないね〜」
など述語を使って状態を言い表せるようにもなってきた。(ちなみに“とぉさん”はもうマスターした。)

というわけで、(気をよくして?)色々な欲求をぶつけてくるのだが、とはいえまだお互いの意思の疎通はなかなかうまくいかず、自分の欲求が通じないとなると、毎度の事ながら理不尽にキれ、激怒&号泣のコンボ。。。( ´Д`)=3
そんなこんなで、色んな意味で早く言葉を言えるようになって欲しい今日この頃。
(それ以前に、話すのはともかく、聞こえているし意味が分かっているのに、嫌なことだと聞こえないふりをするのをやめてくれ。と個人的には強く思っている。。。ワルガキめ。。。)

自転車通勤をしてからというもの、体を動かしたいという気持ちが長い冬眠から目を覚ました。
昨晩は我が家まで久々に階段で帰り、そのままの勢いでダンベルをやって、腹筋をしていたら妻子が妻の実家から帰ってきた。
音楽がないと気持ち的に盛り上がらないので、AirMacExpressを使って、PC上の音楽を隣の部屋のスピーカから出していたのだが、その時にたまたまかかっていたジャズのMexican Flyerを(iTunesの入っている人のみ)最初は体を動かして機嫌良く聞いていた我が子だが、しばらくすると手を引っぱりリビングに連れて行かされた。

で、TVを指さし、リモコンを持って、何かをして欲しいという顔をしながら渡してくる。
「あぁ、TVが見たいのね。」と思って、ハイとTVをつけてやると偶然にも大好きな電車の映像。
「こりゃ喜ぶわ」と思っていると、どうも納得がいっていない様子。
「泣くぞ!」と言わんばかりにヒィ〜というような泣く前兆の声を出し、「これじゃねぇ!」とまだ何かを欲求している様子。
「TVをつけろ」と要求しているのに、TVをつけても納得しないとなるとなんだろう・・・?と
父母で考えていると、さすが母!分かったらしい。

実はこのメキシカンフライヤーという曲はスペースチャンネル5というPS2のゲームのテーマ曲でもあったのだ。
で、ゲームのパッケージを持ってきて、「これ?」「うらら?うららが見たいの?」と聞くと嬉しそうな顔をして、「うんうん」と頷く。
実は、曲を聴いてうららを思い出し、ゲームの画面を見せろとせがんでいたのだった。。。
もう子供は寝る時間(22時頃)なのに困ったものだ、と思いつつも、「まぁ、ある意味、この記憶力はちょっと頭が良いんじゃねぇの?」と親バカなことを思いながらゲームを流すと、嬉しそうに腕を回したりしながら一緒に踊っていた。
うららが好きなのか、ゲームが好きなのか、音楽が好きなのか、、、
前二つだとちょっと心配だ。

そんなスペースチャンネル5だが、久々にやる「スペースチャンネル5part2」はもうリリースされてだいぶ経つゲームではあるがやはり面白い。
人が遊びに来たときにやると、結構盛り上がる。
あるやつは、面白かったので自分でも買った、と言っていたし、先日うちにきた遊びに来たやつは、帰り際までずっと「我〜ら〜は〜 踊り団〜♪」とゲーム中のフレーズが頭から離れなくなって口ずさんでいた。
更には、せっかくなのでその彼に貸してあげたら、普段はゲームをしない奥さんがハマってしまい、子供を寝かしつけてから夜な夜なゲームに熱中し、「マイケル局長を救出できない」と我妻に進捗状況報告のメールを送ってくるまでに。。。(;゜Д゜)

子供や主婦までも夢中にしてしまうとは・・・

ス ゴ イ ヨ う ら ら ハァッ! トヤッ! ソリャ!

次回作の情報はまだ皆無だが、スペースチャンネル5part3のリリースが待ち遠しい。

※ちなみに、スペースチャンネル5はpart1とpart2(Best)があり、どちらも3,000円とお得!
面白さでいくとpart2が断然上なので、もし買うならば、まずはpart2を買うことを勧めます。