6月 30

そんなに自分が「蕎麦好き」だとは自認をしているわけではないのだが、思い返せばコンビニの
蕎麦であっても最低週一回は食べているし、最近では週に一回はお店で蕎麦を食べている。
更に思い返せば、(って本当は憶えていないが)祖母の家の“のんの様”に供えてあった蕎麦を、
つゆもつけずに盗み食いしてしまったという過去がある。
(そのおかげで、未だにその家にいくと「オマエは蕎麦が好きだからなぁ。オマエが来るっていうから
沢山買ってゆでたから、食え食え。」と言われる・・・)
まぁそんなこんなで、“蕎麦”は好きだ。。。
 
 蕎麦にも色んな種類があるわけで、食べ比べると結構違う。
地元だと「更科そば」「戸隠そば」辺りが全国区で有名だし、今でもよく食べる。
(ただし、自分の場合戸隠そばを食べ過ぎると具合が悪くなる。従姉妹も同じ症状が出る。)
 
基本的にどの蕎麦がおいしくて、どの蕎麦がまずいという産地による区別はあまりしないが、
いっぱしの蕎麦屋と、立ち食いそばではやはり品格が違う。
ここら辺は、
ちゃんとした寿司屋と、100円回転寿司の違いと同じようなものだろう。
というわけで(?)、
余程の店でなければ食べてマズいので、立ち食いそばは食べない。
こういう店は大体うどんもあるので、マズくても食べられるうどんを食べることにしている。
蕎麦はおいしくないとマズいのだ!
って、、、日本語がおかしいか…(‘A`)
 
寿司は本物を思うようには食べられないので、安い寿司でもまだ妥協が出来るが、蕎麦は高くとも
千円程出せばいっぱしの本物の蕎麦を食べられるので、3〜400円の安蕎麦で妥協はしたくない。
こだわり方としてはちょっと不純かもしれないが、とにかく蕎麦はおいしくないとダメだ!
 
 
 
(あくまで持論なわけだが、、、)
蕎麦というのは、“蕎麦の香りとのどごしを楽しむもの”だと思っている。
そもそも蕎麦は味が薄い。そのものに鼻を近づけてさえもあまり匂いもしない。
しかし、喉を通して、その食感を味わうと同時に、蕎麦の風味が広がる。
蕎麦は、そんなほのかな儚い一瞬を楽しむものだ。
 
故に、、、
蕎麦と言ったら“男の食いもの”で、吉野家に一人ではいる女性は見るが、そば屋に一人
入ってくる女性は見たことがないので無理なのかもしれないが、味も薄いし、匂いも薄いし、
コーヒーのように店の前を通ると香るものでもない、そんな蕎麦だから、そば屋こそ
禁煙であるべきだ!

そば屋をして平気で喫煙を許すような店は、カウンターで煙草が吸える寿司屋位にインチキだ!
、、、と声を大にして言いたい。
そば屋で煙草の臭いと一緒に食べることになるほど、屈辱的で損をした気分になることはない。
蕎麦は、オヤジに嗜好されているのとは裏腹に繊細な食べ物のなのだ!!
 
 
と、思うわけです。
 
 
熱くなりましたが、続きはまた今度と言うことで、
そんな自分が最近週に一度は行っている、おそば屋を後日紹介します。

6月 29

例によってヤフーのおかげなのだが、「バブシャワー」で飛んでくる人が最近飛躍的に増えている。。。
せっかくなので、何か有効な情報でも紹介差し上げたいところだが、自分ですら今年分は梅雨なのに暑すぎ!ということでまだ先週購入したところ。。。

それにしてもやっぱりバブシャワーは最高だ♪
ひんやり感、サラサラ感は、年々売上を伸ばしている「清涼系の制汗スプレー」等の追随を許さない。なんにせよ圧倒的に涼しい。そして、すべすべさらさら。

この清涼感は、、
再販してくれた花王への感謝の気持ち、、、、
いや、それ以上に去年の猛暑によくもオレからバブシャワーを奪ったな!という怒りが何度でもこみ上げてくるくらいにスバラシイ。

しかし、無敵バブシャワーの唯一とも言える欠点は「シャワーで流さないといけない」こと。なので、シャワーを浴びる時にしか使えない。

つまり、買ったばかりで久々にバブシャワーを使い出した今ぐらいの時期は、習慣化されてないので
風呂から出て、
体を拭いて、
「ふぅーーー」とか言ったときに、
(゚ロ゚;!! アッ、、、バブシャワーつけるの忘れた。。。。
と、
思い出し、「あ〜〜もう一回体拭くの面倒だなぁ。でもアチィしなぁ。どうしようかなぁ。」と部屋の中を素っ裸でウロウロしながら悩むことになる。。。

ちなみに、週末に買ってもう2度も塗り忘れた。

そう考えると、同じ効果のあるモノをスプレータイプみたいなもので流さずに使えるのなら大変便利だと思うのだが、バブシャワー級のサラサラクール感でスプレーのものって売っているのだろうか?
はたまた作ることが出来るのだろうか?

何にせよ、バブはバブで風呂上がりに使い続けるけど。。。

そういえば、バブ買ったときにパッケージにわざわざ追加のシールで

「汗っかきのみなさま」
「お待たせしました!」

ってシールが貼ってあった。。。

大きなお世話だ!(゚Д゚)

どうせシール貼るなら、「去年は申し訳ございませんでした。」くらい貼っとけ!
このバカ王が。。。

6月 28

問題は大きく5つ。
1.一番は各学年に一つのカメラがないこと。
2.そのためにカメラとりあいになり、都度アングルを変更する度に時間をロスする。
3.一回20秒という時間が短いこと。
4.使い方を分かっている人が少ないこと。
5.毎日上映時間が同じ事

使い方を分かっている人があまりおらず、自分のターンになると画面の中を押して
方向を変えたり、横や下のスクロールバーをいじって向きを変えている人がいる。
それ故無駄に時間がかかり、結果として20秒以内に自分の子供を充分確認できない。
結果、またすぐに順番を取る。
そういう人の順番の繰り返しで、結局子供もロクに写らないままカメラだけが右往左往している。
いずれにせよ20秒が短く、とにかく自分の順番を取っていないと気が済まない人と同時に
見ているときは、ゆっくり見ている暇もない。
特に2歳児クラスの親で自分がログインしているときには我が子だけを徹底的に写してないと
気が済まない!という人がいて、その人がログインしてくると、悲惨。

それぞれの問題に対しての要望
1.2.同じクラスの他の子の様子も見たいし、その子写っていても苦にならないので、
学年に一台のカメラが欲しい。

3.時間を延長して欲しい。
4.全体のビューを表示して、□を移動すれば、素早くアングルの変更が出来ることを
周知徹底して欲しい。

5.日によっては、午後の上映を。また、上映時間に子供がいる時間を充てて欲しい。
そもそもずっと9時11時が固定な事の理由がわからない。
ほぼ10時前から11時頃まで外にいたり、フロアにいないことが多いので、
実質子供の様子を見るのは全部見ていたとしても1時間ほど。
それが故に、親のアクセスが集中し、順番の取り合いでロク見られないことも多い。
お出かけ前の様子と、食事風景以外の様子も見たいし、
混雑の緩和も考慮して欲しい。

実際に誰の子であれ悪天候でなければ子供が写っている時間は2時間のうちの半分なので、
費用負担も半額にして欲しいくらいだ。

(その他)
上映時間の案内などこそ、プリントを配らずサイトに掲載するべき

6月 28

週末渋谷で大学時代の寮仲間連中と飲んだ。
特に何も考えず、暑いのでポロシャツにハーフパンツ、スニーカーといった格好で落ち合うと、
「近所のコンビニにいくみてぇな格好だな」と笑われた。。。(‘A`)
 
似たような格好をしているヤツがちょっと離れているところにいたので、
「あの柱の横にいるヤツとどこが違うのさ?」と聞くと、、、
 
 
*「ヒゲがきたない」   (‘A`;)
 
 
*「色が白い」   ( ´Д`)=3
 

 
って、なんか『格好』と関係ないんじゃねぇか???
 
 
ヒゲがきたない→ 不精者→ 近所のコンビニくらいならと表に出てきました。
 
色が白い→ 外出しない→ でも近所のコンビニくらいならと表に出てきました。
 

ってことかっ!!オイ!・゚・(ノД`)・゚・
 
夏にヒゲ剃ると、汗をかくと顎の辺りがしみて痛いので、ヒゲは剃りたくないし。。。
(とかいいながら、大体年中ヒゲ生やしてるけど。) 
日光を浴びても、赤くなるだけで黒くならいから日焼け止め塗っていて色変わりようないし。。。
 
 
とはいえ、
 
今後は、
出来るだけハーフパンツをやめて、出かけてきました風に鞄でもさげて出かけることにしようか。
 
 
というか、そこが渋谷だからそう言われたのだろうか?
もし集合場所が越谷だったら?どうだろうか?
そういえば、以前ほぼ同じ格好で新宿にいこうとしたら、偶然電車が一緒になった妻の会社の人に
「その格好で新宿にいくんですか??」と言われたことがある。。。
やっぱ、そういうことか?
 
 
なんか、今となっては渋谷にいくんで、格好をちゃんとするとか、おしゃれする、みたいなのが
返って恥ずかしいんだけど。。。
たかが一つの街だし、ここぞとばかりに格好つけているヤツとか
「何気合いいれちゃってんだよ? オマエどうせ埼玉周辺から来てんだろ?」みたいな
感じが出まくり何だけど。。。
 
 
 
でも、、、
とか何とか言いながらも、
 
大学に入学し東京に住むことになったとき、自分は既に埼玉の大宮あたりで感動していた。
というのも、長野県には地平線がないから。
地上がずっと向こうまで広がるひらけた眺めは、それだけでも標高400m辺りからやってきた
長野市民には十分な感動を与えるインパクトだった。
(ちなみに、そういうわけで長野は常に日の出は1時間ほど遅いし、日没も1時間ほど早い。)
 
初めに住んだのは小金井市だったが、中央線も感動した。
まっすぐ進む中央線、車窓から広がる展望、中野の辺りから徐々に見えてくる、新宿の高層ビル群。
初めていく街には感動したし、センター街にも緊張したし、そもそも渋谷で迷子になって
東急ハンズの辺りから駅に戻れなくなって右往左往していたし、でも田舎から来ましたって
思われたくなくて人に道聞けなかったし。。。
あそこら辺を高校生のくせに闊歩しているような、都民の学生様が偉く見えたものだし。。。
 
 
 
10年以上都に住んで、すっかりその刺激に慣れてしまったようだ。。。
 
 
まだあまりいったことが無くて、刺激のある街・・・・六本木?
でもあそこ、酒を考えないと街としては魅力がないんだよな。。。
 
 
それにしても、
昔は長野市内だけで満足していたというのが、我ながら信じられん。

6月 27

確かエピソード2が上映されたとき、PEPSIっているついでにどんどん増えていったスターウォーズ
のボトルキャップ。気付いたら、一大コレクションと化し、捨てるに捨てられなくなっていた。
(集めたいんじゃなくて、コーラが好きだっただけな訳ですが。)
 
そんなスターウォーズも、まもなくエピソード3が公開されるらしいが、実はこのシリーズ未だ
かつて一作たりとも見たことがない。。。
ついでに言うと、インディージョーンズも、ロードオブザリングも見たことがない。
邦画だと寅さんシリーズも一作も見たことがない。
 
 
スターウォーズは「続き物だし、完結してから見れば良いんじゃない?」と我妻は平然と
言いそうだが、今回に関しては自分もそう思う。
だって、次回作までの製作期間長すぎるし。
 
 
で、今回のエピソード3ですが、本作で完結というのは本当でしょうか?
どなたか、話を知っている人教えてください。
それならば、そろそろスターウォーズデビューをしようかと思っているのですが。。。
 
しかし、最初に見るのはエピソード1でいいのでしょうか?
確か、4→5→6→1→2→3 みたいな順番で上映されていると聞いた気がします。
 
 
教えて!ヨーダな人!

6月 24

Google Mapsは見たことありますか?
衛星写真を使った地図サービスです。
これ、今までアメリカ本土の限定サービスでしたが、東京の衛星写真も加わったようです。
 
画面右上の「Map – Satellite」という項目で、サテライトだけでしか見ることが出来ませんが
東京の街を衛星写真で見ることが出来て、楽しい♪
 
皇居にリンクしておきました。ここからグーグルマップの世界へどうぞ。
※地図はドラッグして動かすことが出来ます。
 
新宿の都庁を見ると西側からの写真、高島屋を見ると東側からの写真と、衛星写真の継ぎ目も
見られます。
 
 
東京以外にも世界の主要都市は、詳細な衛星写真が見られるようです。
こんな軍事機密のステルス機も根気よく探せばみつかります。

 
ちなみに、我が家はまだ建築中だったので、場所にもよりますが、少なくとも五反田は1年半くらい
前の衛星写真が使われている模様。
 

なんか面白い所を見つけたらリンクをコメントに
よろしくお願いいたします。

6月 24

先日近所の雑貨店での話。
 バ カ 「どんなカードでも使えるんですか?」
 店員 「はい。大丈夫ですよ。」
 バ カ 「じゃあTSUTAYAのカードも?」
 店員 「・・・」
Continue reading »

6月 23

以前から、「自分はサラブレッドだ」と公言していた。
勿論『禿げ』のだ。(;´Д‘)
 
血統を見ても、
『父…ハゲンスギー産駒』
       …30代でハゲ。40代前半で既に完全に禿げ上がった。
『父の父…スダレーハゲレンス産駒』
       …40代でハゲ。自分がものごころ付いたときには既にすだれハゲの髪型だった。
 
と言う感じで、自分はちゃきちゃきの『禿げっ子』。
30代に突入した今となっては、もはやいつ発症してもおかしくないという、北朝鮮並みの危険を
体内にはらんで生活しているようなものなのだ。。。
 
Continue reading »

6月 23

起きられたらみようと思っていた3時半キックオフのコンフェデレーションカップの
ブラジル戦。4時前頃であるが、運良く?起きてしまったので、結局それから寝ないで見ていた。
見始めたときは1-0で負けていたので、もうダメポ…と思いながらも見ていると
結果としては2-2で引き分けたが、ブラジル相手に思ったよりも結構いい試合をしていた。
 
しかし、ボールの制御力というか、パスの精度、受け取った後のアクションなどは、
ブラジルのようなチームと戦うと全然レベルが違うのがよく分かる。
そもそも日本はプレッシャーに弱い。ちょっと人に囲まれると、パスを出し、それが
精度が低いので、取られ…と言うことの繰り返し。
 
ブラジルの攻撃には、“瞬発力”があった。
「あっ」と思ったときには、抜かれていて、打たれていて、いつの間にかゴール前の
絶好のポジションに待機しているヤツがいて。。。
ホント、日本はこんな相手によく引き分けたよ。。。(‘A`)
準決勝いけなかったけど。
 
 
 
ところで、ロナウジーニョの背中をみていて思ったのだが、彼は本当は“ナウジーニョ”
だよな・・・?
「ロベルト=カルロス」は「ホベルト=カルロス」、「ロナウド」は「ホナウド」なはずだ。
そもそも「ロナウド」は「Ronaldo」を「ロナド」と読まずにブラジル読み?(もしくは
ポルトガル語読み?)をしているのに、なぜ一文字目は“ ホ ”ではなく“ ロ ”なのだろう??
一体誰がブラジル選手の読み方を決めたのだ??
 
参考までにグレイシー一族は、
リクソン・グレイシー、ロイス・グレイシー、ライアン・グレイシーじゃないし。
(他にも、ホイラーとか、ヘンゾもいるけど。。。)

6月 22

ディープブルーという映画がある。

…といっても同じ名前で二つある。

一つは最近DVDが発売された、もの凄い時間を掛けて製作された、海洋生物を追った
ドキュメンタリー映画。
これが今売れに売れているらしい。

このレビューを読んで欲しくなって、ちょっと探してみたが、結構どこの店舗でも売り切れで、
入荷待ち状態になっている。。。
HMVで定価売りされているのを見かけたが、安売り店に比べて1000円も余計にお金を払うのは
シャクなので、買わずにスルーした。
というわけで、ずっと欲しいと思っている。。。

もう一つは、海洋研究所の所員が人間並みの知能を持つという鮫と対決する、ジョーズっぽい
クソ映画。(海洋系の映画で、「パーフェクトストーム」とこの「ディープブルー」は二大クソ
映画と言って良い。)廉価版が1200円くらいで売っているらしいが、その額ですら買う価値がない。
陸上の映画で言うと「バーティカルリミット」くらいクソ、と言えば分かってもらえるだろうか?

ちょっと脱線すると、映画で大事なのは、
  1.シナリオの論理性
  2.見てくれ(役者の演技力とか、映像と音響など)
  3.結論(結末)

ではないだろうか?と、ただの映画好きでしかないが、自分は漠然と感じている。

これらがなおざりにされていては、全く映画として話にならない。
しかしそんな映画はごまんとあって、鑑賞した後に満足できる映画というのは、本当に数割程度のものなのだが、いつも天才的な予告編を作るクリエーターに毎度ダマされて、今度こそはと無駄にお金を使ってしまう。。。
そんなこんなで、中にはクソ映画のくせに「大作風」を醸し出したり、無駄にハリウッドから俳優を呼び寄せて、無理矢理客を動員してみたりと、そんな販促活動で箸にも棒にもかからないような映画が平然と上映されて、それなりの興業収益を上げてしまったりなんかもよくよくあることなので、こういった状況は収まっていかない。

つまるとこ、映画というのは配給会社の騙しを見抜くところから始まる。ハリウッドスターが来日したり、配給会社がキャンペーンにやたら力を入れている映画は、返って要注意だ。

各国色々な販促の仕方があるというが、日本人は大作主義だと言われているらしく、「大作風」を煽ったり、「〜賞受賞作品」などの肩書に特に弱いらしい。全く持って、予備知識なくして、本当に面白い映画を見ることは難しい。。。(´・ω・`)

これがまだ、アメリカのように千円以下程度で見られればいいが、日本の映画は1800円だ。大金払って、つまらない思いをした日には、何とも言えない気分になる。エビスビールを6本買って飲んだ方がよっぽど有意義だ。

話を戻すと、このディープブルーという映画。
気の遠くなるような時間を使っている。
気の遠くなるようなお金を掛けた映画はハリウッドによくある。
しかし、気の遠くなるような時間を掛けて作った映画というのは、なかなか見受けられない。
ディープブルーの場合、映画と言うよりはドキュメンタリーに近いので、並列で比較するのもどうかと思うが、ほんの5分のシーンのために200日以上かけるなんて、どうだろうか?
200日というと半年以上だ。半年以上撮りたいシーンのために待ち続け、常に緊張し続けるということ。(‘A`)アッカン
巷で人気の?「電車男」の映画版なんて、クランクインからほぼ一ヶ月に上映している。。。

まだ見ていないが、この映画は一見の価値があると思う。
 
=========================================================
ちなみに上記までは6月の頭に書いた。
昨日新宿のヨドバシに売っているようだったので、通勤で新宿を経由する義兄にお願いし、買ってきてもらった。
今日受け取るので、早速観てみたいと思う。(・∀・)

その感想などはまた後日、機会があれば掲載したい。