6月 07

30才という大台に乗った記念すべき(?)誕生日でしたが、特に何事もなくサラッと一日は
終わりました。。。

誰かが言っていましたが、「29になったときの方が衝撃的だった」と。
今思えばそんな心境です。

要は、29になったときから、この日のためのカウントダウンが始まり、三十路圏突入への覚悟は
決めていたということなのでしょう。

20代の人からのお祝いメールなどには、

本日をもって、ドコモの若者割引の適用外になりました。。。(´・ω・`)

恐ろしい30代。
あぁいやだ30代。

そろそろ誕生日なんて、来なければいいのに、、、と思う年頃です。

戻れない片道切符を一方的にわたされた気分です。。。( ̄д ̄;)
 
などと、書いて返信しましたが、30代の人からのお祝いメール(ある意味ウェルカムメール)には
返信に困りました。。。。
 
「複雑な心境です。」とだけ返信してますが。。。(‘A`)
 
 
 
 
ここで一句
 
戻れない

    もう戻れない

           あの頃に

6月 07

・MacへのIntel製CPU搭載をジョブズCEOが宣言
以前から噂があったがとうとう発表された。。。
きっと林檎教の義兄など朝からむやみやたらと動揺しているに違いあるまい。。。
 
興味のない人のために分かり易く解説すると、
CPUというのは、計算ををする頭脳みたいなもので、車で言うとエンジンに近い。
これを、
Windowsマシンというのは Intel製のものを使っており、
Macは IBM,モトローラと共同開発したものを使っている。


ちょっと脱線するが、普段使う言葉では「PC←→MAC」という図式があり、
PCというとWindowsマシンのことを指す。
元々PCというのはIBMがWindows以前から使っていた言葉なので、本来PCというと
IBM系のDOS/V機などを指していた(はず)。
しかし、現在はそのPCの元祖であるIBMがマックのCPUを生産している。
なので、Macに入っているCPUの名称は「パワーPC」なのだ。
なんかややこしい。。。

で、この状況をAppleが見限る形でIntel製のCPUへの鞍替えを決めた。
理由はスピードの向上が今の延長線上に見込めないから、と言うことらしい。

これにより、当面パワーブックは現行のG4でいくことになるだろう。
そのうち、パワーブック Pentium M 2.6Ghzとかいう名称のマシンが出てくるのか。
いずれ UNIXや、LinuxみたいにMacOSもデュアルブートできるマシンが出てきたら
面白いだろうなぁ。と想像してみる。
そうなったら、またマックに戻りたい。
パワーブックでWindowsをブートできるなら。
 
 
 
・71歳斉藤さん、最高齢のヨット単独無寄港世界一周
人それぞれ色んな考え方があると思うが、せっかく世界一周しているのに、無寄港って・・・
ドウナノョ(゚Д゚)?
 
そりゃ、記録達成ということが目的なんだろうけど、オレには凄く無駄なことをしているように
思えてならない。
どうせなら世界中に寄港して、色んな出会いを求めたいヨ。。。
 
 

・M・ジャクソン被告裁判、結論持ち越し 審議2日目
有罪になってしまいそうな雰囲気。。。
 
関係ないが、
日本の司法は「有罪」と「無罪」だから、圧倒的に刑事事件の有罪が多いのだろうと思う。
刑事事件の有罪率は9割を超えるているそうだし、(確か95%くらい?)もしえん罪で
捕まっても、こちらが無罪を証明できないと有罪なのだ。。。洒落になっていない。。。
日本は「推定有罪」。アメリカは「推定無罪」。

マイケル・ジャクソンの場合は、決定的に有罪であると証明を仕切れていない(証言の信憑性だけが鍵)
のために、上記の「推定無罪」が適用され「無罪」を勝ち取る可能性もあると言われている。
果たしてどうなるのだろうか??
 
ちなみに、ご存じの通りアメリカでは 「Guilty(有罪)」か、「Not Guilty(有罪でない)」
という判断しかない。無罪かどうかではなく、有罪と言い切れるか?言い切れないか?で考えている
から、Not Guiltyとして、刑事罰を問われないことが多いのだろう。
とはいえ、それが本当によいことがどうかは分からないが。。。
 
 
でも、日本は、仕組みも判例も異常な裁判だとは、言い切って良いのかもしれない。
だいたい、三権分立をしているはずなのに、裁判官の任命権が内閣にあることがおかしくないだろうか?
それでは、国(行政)の息がかかっているやつが、国のためにやっている気がしてならない。
 
話はそれたが、マイケル・ジャソクンには無罪になってくれとは言わないが、禁固20年なんて
判決が出ないことは願っている。。。