8月 11

あまり政治ネタなどは深く扱いたくないし、書いているともうどうにもならないこと
で具合が悪くなるので、軽く書いておきます。。。
 
否決に転じて報復を喰らっている造反議員と呼ばれる人達の腹づもりが何であれ、
かつての社民党が如く、ことごとく自民にたてつくことでしか存在感を発揮できない
民主党など野党の存在価値であれ、自分個人の考えとしては、
郵政民営化法案は、何はともあれ否決されるべきと考えていました。
 
ただ、これは郵政事業をこのままにしろと考えているのではなく、
改革をしていくことは必要であるけれども、民営化はするなとの考えです。
民営化しなくても改革できることはあると思うのです。
 
では何故、民営化が良くないと考えているか?
郵便事業などは、多分どうでもいいんですが、大事なのは「貯金」だと思います。
 
日本が抱える借金は総額で1100兆円ほどと言われています。
日本のGDPは約500兆円。
GDP2年分以上の借金です。。。
過去の歴史を見ても、こんなに借金にまみれた国家は破綻します。
それが破綻しないで、今でもみんながのほほんと、危機感もなく生活をし、
普通に仕事をして、普通に給料もらって、普通に十数万もするHandycamなんて買って、
子供の映像を撮って、へらへらと平々凡々に過ごしていられるのは、単純に
日本人の総額の貯蓄高が異常に高いからです。
 
日本の預貯金は総額で約1400兆円と言われています。
(個人の借金分を引くと、1〜2割目減りしますが。)
いざとなったら、金融機関を凍結し、個人の財産を没収してしまえばまだ何とかなる、
という状態だからこそ、今の国家が破綻しない状態が保たれていると言えるでしょう。
 
郵政が民営化し、郵便貯金が民営化され、ある意味“疑似国庫”だった国家の懐刀的
存在が、その貯金が、民営化したらどう流れるか?誰に喰われるのか?
おそらくなんだかんだと理由をつけて、外資に喰われてしまうことになるでしょう。
 
 
日本の年間予算は82兆円。
そのうち34兆円ほどを国債でまかなっています。
実に42%程です。。。
そして日本の借金は毎年60兆円の勢いで増えていきます。
 
 
額が大きいので、これを100人の村のように個人の年収サイズに置き換えてみましょうか。
 
日本太郎さんは、
年収が500万円ほどですが、毎年340万の借金を繰り返しています。
これ以上借金をするとヤバいので、なんとか収入を上げようと税金を少しでも巻き上げる
事には熱心ですが、コストダウンという観点は余りません。
今までのつきあいの中で出来てしまった関係(癒着)のために、ムダとは分かっていても
お金を使わないと、やっていけなくなっているからです。
 
そして、現在の日本太郎の借金の総額は1億1000万円です。
ちなみに、日本太郎の借金は、毎年600万円のペースで増え続けます。
(年収は500万円。。。)
 
これだけ借金にまみれていて、返す見込みも全く立たなそうな日本太郎ですが、
監禁されたり、差し押さえなどがされない理由は、運良く日本太郎の家にには
むやみ勝手に自分の意志では売ることは出来ないけれども、1億4000万円の価値が
あると言われる国宝があるためです。
 
いざとなったら、社会一般のルールを無視してこれを勝手に売っぱらってしまえば
何とか落とし前が付くから、日本太郎は破産しないで見逃されているのです。
 
 
しかし、そんなこんなで謝金返済の目処の立たない、追い込まれた日本太郎は、
自由のきかない国宝を、お金を借りている先の外国の人でも自由に触ったり色々できる
ように国が保管するのではなく、民間で保管してくれる先に移すべきじゃないかと
言い出しました。
 
その主張は後一歩で実現までこぎつけましたが、最後の詰めを誤り、身内に反対されて
おじゃんになりました。
 
なお、
日本太郎の家族は、そんな財政事情にも殆ど関心もないし、政治にも疎く、
自分の小遣いが減ることには過剰に反対しますが、日本太郎のそもそもの考える
今後の方針や、懐事情には殆ど関心がないし、全く危機感がありません。
 
 
果たして、日本太郎一家に明るい未来はあるのでしょうか???(‘A`)
 
 
 
 
 
ポスト小泉
ポスト自民
現状が良くないって分かっていても、後継者や対抗者がいない。。。
 
痛みを伴う改革って、国民が痛いだけじゃねぇか。
オマエラも、いや“こそ”が、私利私欲、利権を捨てろ。
そう言う痛みを伴ってでも、断行するのが構造改革違うんか?