10月 07

どうも最近めっきり更新(の実績と、気持ち)が止まっている。。。
たまに更新したとて、ニュースなどで軽くあしらっているに過ぎない。
一時的に落ち込んだアクセス数がやる気の減少に拍車を掛けたが、幸いにも
最近はまたアクセス数も回復基調で、「あぁブログ更新しないと。。。」と
気持ちも回復基調だ。
 
ブログは、なかなか穴を開けずに継続する(連載する)というのは難しい、
と、書いている人は皆思っているんじゃないだろうか?
それが故に辞めている人も多いんだし。
 
 
実をいうと、(誰にも言っていなかったが)過去調子に乗ってもう一つブログを作った。
そっちの更新もまわしながらこのPROP@kambaもまわす、という器用なマネまで
過去にはやっていたのだが、どうも最近一つをまわすのもままならない。。。
(もう一つのブログは、大規模なサーバー移転などで何日も更新が出来なくなった上に
サブドメインなどでもなくなり、挙げ句更新明けにランキングも一気に下がったので
やる気が一気に下がった代わりに、怒りが沸騰したので、それっきりだ。。。)
 
 
で、その意外と難しいブログの継続をしていくにはどうしたらいいだろうか?と、
考えてみた。
 
・頻度を下げる
・一回を短くする
・続き物にする

 
こんな感じだろうか。
 
最初から頻度を下げて、「週刊PROP@kamba」なんてことにしてしまえば気は楽になるが、
一回パスしたら「隔週PROP@kamba」になってしまう。
そのうち「月刊PROP@kamba」みたいになって、、、アクセス数も落ちて、、、
ムリだな。。。オレにはムリだ。
 
実際ネタがなくて継続できないのではなく、毎日ネタは溢れているしネタになることは
書き留めている。
時期が過ぎて没になったのも含めて、書きかけのモノだけで既に4000行分近く書きかけの
ネタがあるし。週刊とかになったら、更に毎週厳選しないといけないし、そんなことしたら
ばかばかしいネタも扱えなくなってしまう。。。
 
 
一回を短くするってのも実は難しいかもしれない。
やたら話が長い人が会社にいるが、結局その人が何を言いたいのかは分からない。
そう言う人は、本人も意識していないのに話が長くなっているからであって、
決してその人は「周りの人を飽き飽させたい」のではなく、短く言い切れないから
そうなってしまっている。
つまり、ブログもつらつら書いていると、ついつい長くなってしまうのであって、
「短くする」という行為は、逆に頭と時間を余計に掛けないといけない事になる。
書きたいように書き殴ってアップする、ってのが実は一番速い。
 
 
「連載」というような形式にこだわらなければ、コレは有効だと思う。
何かしらを追っていく、という形式にすればいいのだから。
……っうか、このブログ育児ブログだし、
子供の変容、成長の記録を追えばいいんじゃねぇの…?(゚ロ゚;!!
 
じゃあ(今更だが)「父さんの育休 RELOADED」みたいに育児ブログな
感じを軸に子供の成長での日々の感動や、ほのぼの感を前面に出sh…
う〜〜む。。。(´・ω・`)
いいんだろうか?それで。オレ的に。
 
まぁいいや、やってみよう。
と言うことで、しばらくは他のジャンルを封印!(とまでは言いませんが、限りなく縮小)
最近更新がおろそかになっている「父さんの育休 RELOADED」(と、思ったら復活してた。)
の代わりに「父さんの育休 Revolution」として、やってみようかな。
いつまで続くか分かりませんが。。。
 
 
つうかそもそも「育休」ですら無いんだけど。。。
 
 
これでちょっとはコメント付くようになるかな?
オンラインポーカーとかエロサイト以外から…