11月 08

職種上、普段外部の人に会うこともないので、基本的にいつもヒゲを伸ばしている。
剃らない理由は特にない。ただ無精なため。
 
剃らない理由は特にはないが、可能な限り剃りたくないとは思っている。
それは、まず肌が弱すぎるため剃るとだいたいあごが血だらけになるし、血が出ないまでも
皮膚が一杯切れているらしく、色んな場所がヒリヒリし、特に汗をかくとしみて痛いため。
 
そして、基本的にT字のカミソリを使っている(電気式だともっとヒリヒリするため)が、
ヒゲが長くなると、目詰まりしやすくそれをゆすいだりしながら剃るので
とにかく時間がかかるし、面倒なため。
風呂だけなら5分とかからないのに、髭を剃るとなると途端に倍以上の時間を風呂に取られる。
 
なので、普段ヒゲは剃らない。
しかし、あまり伸ばしすぎると上唇の周りのヒゲが唇に被ってきて邪魔になるので、最近は
2週間に一度剃るのが習慣になっている。
 
 
のはずだったが、、、
今週は3週間分伸ばしてしまった。
そして明日は会社のイベントに参加しなくてはならず、是が非でも髭を剃っていく必要がある。
 
でも自分でこのヒゲ剃るのもいやだなぁと思ったのと、丁度髪の毛をそろそろ切らないと、、、と
考えていたところだったので、普段は美容室か、1500円くらいで洗髪・顔剃りなしで切ってもらって
いるが、久々に普通の床屋にいってみた。
 
場所は適当に、会社の近くの床屋。
先日、以前の上司がそこで切られていたのを偶然見かけたので、
「あの人がいくならきっと間違いのないところだろう」と思ってそこにしてみた。
 
スピード重視の所と違って、
ちゃんとハサミで丁寧にカットをしてくれ、途中で長さなども確認しつつつつがなくカット終了。
その後、超久々にあの「前かがみスタイル」で洗髪。
 
久々にやると、これ結構キツいね。。。
頭が重い。
 
自分じゃ見えないけど、この姿しかも結構間抜けだと思う。
なんか壁に頭突っ込んで抜けなくなっているみたいじゃないか?
 
昔は美容室の仰向けスタイルは変だと思っていたが、あっちの方が断然楽だね。
頭も持ってくれるし。
 
 
で、その後は床屋の醍醐味ヒゲ剃り♪
「そうそう、床屋の椅子は美容室とは違って、こうウィ〜〜ンって後ろにいくんだよね〜」と
心の中でつぶやきながら、あの無駄に高そうな椅子の電動リクライニングで横になり、
で、蒸しタオルを顎にのせてしばし放置しヒゲをやっこくさせる、と。
この間がまた気持ちいい。
「このまま眠りてぇ〜」とか思うまでもなく、
寝付きの良さがのび太並みなので、「眠い・・・」と思ったときには夢の中。
転がる石のように落ちていく。
 
・・・
 
・ ・ ・   チョキチョキチョキ・・・
 
 
という音で「ハッ!(゚Д゚)」とする。(数分後)
 
 
やべぇ!
おれ剃られてねぇじゃん。。。。
 
どうやら床屋さんは、この一見の客のあまりの木こり(のようなヒゲ)ぶりに
「勝手に剃っちゃいかんだろ。。。」とカットをし出してくれていたのだった。
(木こりがヒゲを生やしているモノなのかどうかは知らない。あくまでイメージ)
 
 
慌てて
起き出したふりをして、
「あ、スミマセン、ヒゲ・・・剃って欲しかったんですけど。。。」と半分程綺麗に
カットされたヒゲの状態で、床屋さんに告げる。
 
床屋さんは嫌な顔一つせず、
「スミマセン、そうでしたか〜、全部やっちゃっていいんですか?」と確認し、
きっちりと泡を塗り、もう一回蒸して綺麗に剃ってくれた。
 
値段も3500円ということで、意外と安く感じた。
接客態度も好感を持てたし、またここに来ようかと思う。
 
 
それにしても、理髪代って東京都の銭湯代じゃないが、どこかが仕切っていてその協会に
所属していたら、どこでも同じ値段じゃなかったっけ・・・?(で、休日も共通で指定されてる)
その値段が3500円なのかな・・?
いや、むかし、大人の理髪代ってもっと高かったおぼえがあるが。
たしか4千円台後半位だったと思うけど。
 
どうなんだろう?
ちょっとググって調べてみたけど、それらしい情報を載せているところもなかった。
 
 
ちなみに
うちの子は週末母親にカットされていた。
 
目に入りかけていた前髪。。。
眉毛の上で一直線になってしまって、いわゆる『かーちゃんカット』だ。
良く言えばちょっと坊ちゃんぽいが、なんか田舎の子供っぽいようでも。。。(‘A`)
 
そんな髪型を見て、「オレの子供の頃に似てるなぁ〜」とおもった。
 
 
 
 
息子へ
 きっと大丈夫。
 オマエが幼稚園に入る頃には、母さんもナチュラルにカットできるようになっているハズ。
 それまでは頑張れ!
 
小3で丸坊主にされるまでは、ずっとおかっぱみたいな髪型を強いられて育った父より。
よく、「動いたら耳切っちまうからな!(゚Д゚)」って脅されていたことが思い出されます。。。