6月 27

ジーコが監督をやっていて良かったかどうか、それをとやかく言うつもりはない。
結局が誰がやったところで、W杯の結果に大きな差はなかっただろうと思う。。。
 
ブラジル戦や、その他の強豪チームの試合を目の当たりにし、日本にはどうにも
埋めることが出来ない実力差の大きな溝を感じた。
 
ボールの扱い方、まわし方がまるで違う。
根本からして、日本はスタイルを改める、またそのために今ベースとしているものを
考え直す必要があるのではないかと感じた。
 
 
 
ただ、、、
 
ジーコが退任の会見で言った「体格の差」。。。
 
こればかりはどうしようもない。
それは最初から百も承知なのだから、もっと出来ることあったのではなかろうか?
 
日本はあまりにも無力だったように見えた。
 
 
しかし、Zicoはニックネームで、意味は「やせっぽっち」。
見ての通り、ジーコは小柄。ゆえのZicoという呼び名。
 
ジーコに「体格の差」を言い訳にされても、、、
アンタそれでも活躍してたじゃんか。
 
そんなジーコだからこそ、選手に小兵の戦い方をもっと伝授して欲しかったと
今となっては思ったりもする。

 
 
 
そして、その呼称に未だに違和感を感じまくりの川淵キャプテン
 
あんたは、いつまでも『キャプテン』に留まっていていいんですか??
 
 
川淵会長だと、協会の会長だから責任取れ!更迭だ!なんて話にもなりそうだけど、
 
キャプテンというちょっとお茶目な(?)肩書で呼ばせることで、協会の会長としての
責任を回避しているように思えてならない。
 
 
そのうちK-1の石井館長みたいなことになりゃしないかね?