12月 21

うちの子は12月1日からやっと断乳を始め、最初のうちはもがき苦しんでいたけど
今のところなんとか、卒乳(母乳から卒業すること)が出来そうな感じ。
一度も飲まずにやってこられている。

とはいえ、週末何度か欲しがっており、
まだ棄てきれない未練があるらしく
子「オッパイ押さえててあげる!」
母「なんで?」
子「だって、落ちて来ちゃうから。押さえててあげるね!」

などと、頼まれもしないのに、ちょっとオッパイに執着し
なんだかよく分からない事を言ったりしていた。。。(笑

そんな我が子ではあるが、絶対的な権力のオッパイさえ卒乳すれば、
「かーさん!」「かーさん!」言っていたのもすっかりなりを潜めて
かーさん王国から、共和制国家になり、父さんの位置づけも無事母さんと
並列なモノになる、、、
 
 
と、ばかり思っていたのに
全くその様子がない。。。。(;´д⊂)
 
 
もはや「かーさん」のアドバンテージ(=母乳)は無いはずなのに、、、
全くもって母さんべったり・・・
 
いや、むしろ母さんべったりと言うよりもオレに対して冷たい。。。
 
朝、オレが卵焼きを食べさせてあげようと、スプーンですくい
「はい、ア〜〜〜ン」とかやって口に持っていこうとすると、、、
間髪入れず
「ねぇ!かーさんがいいのっ!」と拒否。。。
 
「おしっこでる〜」とか言うので、「じゃあトイレいこう!」と言うと、
「かーさんといくのっ!」「とーさんはこないでっ!」とこれまた拒否。。。
 
保育園の登園時も
「ねぇ〜母さんといきた〜い〜」などとゴネり・・・(‘A`)
 
 
この、まるで排他的経済水域で無断漁業をしてしまった後のような排他感・・・
 
サ、サミシイ・・・
 
 
絶対的な接触時間が短い上に
祖父ほど一緒に遊んであげられず、
祖母ほど甘やかすこともなく、
母ほど接してあげられず&好かれることもなく、
たまの出番は、嫌がるところを無理矢理歯磨き・・・
 
そんな故の結果だろうか・・・
 
 
とはいえ、ここで子供の機嫌取りなんてやってはイカンと思うのですよ。
 
悪いことは悪い!ダメなことダメ!
そうきちんとしつけるところはしつけていかないとネ。。。
 
 
 
とか、言いながら
たまに、
「とーさん、だいすきー」
とか言われると、
親心を凄い手玉に取られているようで、我が子のかしこさが怖くなる・・・
 
 
 
でも、ちょっと注意したりなんかすると、
すぐさま
「もう とーさん だいっきらい!・゚・(ノД`)・゚・」
「おじーちゃんが いぃ〜〜〜 おじいちゃーーーん〜〜〜」
と号泣。。。
 
 
なかなか距離は縮まらない。。。