8月 07

久々に復活しておいて、

ほんと、どうでもいい話題なんだけど、なぜか朝青龍の件。
 
 
なんかマスコミの論評も、社内の人のブログとかでも、処分の程度は『当然』、
といったニュアンスなんだけど、これはどうなんだろうかと思っている点が一つ。

『相撲協会』はなぜ誰も処分されないのだ???

横綱審議委員会しかり、『朝青龍』ごときを横綱に推挙したこと自体に問題が
あるだろう?何を自分たちは『けしからん面』をして偉そうに・・・

…全員、安倍晋三ですか?

責任取る人誰ですか?
 
 
そもそも、横綱という制度(階級)の仕組みに問題があるにも関わらず
『”横綱”なんだから品位品格を云々』とか
『”横綱”は角界の伝統を云々』
なんてことを言っていることがナンセンスだ。

つまり、朝青龍みたいな強いだけで、品位を伴わない上に、角界の伝統やら
しきたりやらも理解できないし、ましてや帰化して相撲道に身を捧げようなどと
微塵も思っていない人でも、大関で二場所連続優勝したら『横綱審議委員会』なんて
ゼーレみたいな爺の集まりが偉そうに何を判断しているんだか知らないが、会議の様な
ことをしてみて、横綱にしてしまうから、そしてそれを止めらる仕組(ルール)が
明確でないからこういうことが起きるのではないか。

横綱になってから、朝青龍の人格の問題が表面化したのならばともかく、かねてから
ヤツがきかん坊の跳ねっ返りで問題児だったのはわかっていたにも関わらず、
勝手に横綱にしてやっておいて、『横綱としてあるまじき・・・』なんて
言っちゃいかんだろ。
あげく、勝手に処分決めてなにをしたり顔してやがんだ?

イミフw

ドルゴルスレン・ダグワドルジさんには、ふさぎ込んでないでここはいっちょ
反応的になって、相撲協会につばでも吐いてもらって、是非サッカー選手に
格闘家にでもなって欲しいね。
(曙はあんなだし。。。)
そしたら、彼こそリアルに『反逆のカリスマ』だろう。
 
 
横綱ってのは、かつてはもっと相撲の神様みたいな人に送られた名誉ある位だったわけで。
だから、相撲協会も昔に立ち返って「相撲の最高位は『大関』です。
横綱は10年に一度位の逸材(無論『品格』を伴う)者にのみ与える称号とする」って
方針に明確に変更してしまえばいいのに。

野球で例えても仕方ないけど、プロ野球だったら各球団の永久欠番を取るくらいの
選手級の者に『横綱』の称号を与えるべきだろう。
伝統やら格式を重んじて、厳かな雰囲気を装って、「角界」なんて言っちゃってる
団体なんだからさ、横綱は”取っておき”にしようぜ。

それとも逆に、横綱の上にさらにもう一個”位”を作るってのはどうよ?(・∀・)

そっちの方が好みだけど。

『超横綱』とか『真横綱』とか、
横文字もOKなら、
『ウルトラ横綱』とか、『横綱グレート』とかで。

ぜひ!
 
 
(ブログさぼりすぎて、過去のエントリーが表示されなくなっていたので、更新)