10月 15

昨晩、B型の妻が「紅の豚をみようか?」と何の前触れもなく我が子に言ったところ

「紅の豚」が何なのかもわかっていないくせに、我が子がずっと

「くれいないのぶた!

くれないのぶたー、

くれないのぶたをみる!、

くれないのぶたをみた〜い!

ねーくれないのぶたー!

ねーねー

ぶたー!」

と、

なんでそこまで?と思うくらいにしつこく言い続けていた。。。

「紅の豚」のDVDはないし、動画もあるかもわからないのに、「なぜ勝手にそんな約束をしてんの?」と

半分怒りながら我が家の書庫をあさったところ「紅の豚」無事発見。。。

妻の「過去の事スーパー記憶」能力によると、我が家で映像を見た記憶があったらしい。
(※我妻はもの凄く記憶力がよい。ただし過去の事実に対してのみ有効)
 

と、まぁ
紅の豚も無事にあった訳で「あったからね。これからみようね。」って言ってんのに

「くれないのぶたー!まだー?ねー、くれないのぶたみたいーー」とあまりにしつこいので

「あのさー、『紅の豚』って何か知ってんの??(´Д`メ)」と聞いてみたところ

 
「いぢわるして、『どうぞ』ってあげない ブタさんのことでしょ?」と。。。

 
大爆笑…

そしてのその後、妻が

「あのね、”くれない”ってのは“赤い”ってことだよ。」と教えていた。

まぁそれはそうなんだけど、じゃあ「赤のブタ」って何だろう?

紅が何を指しているのかは、今まで考えたことがなかったが、よくわからなかった。。。

で、気になって調べてみたら、
主人公の、ポルコ・ロッソという名前の意味がそのまま「赤いブタ」。

元々の本名はマルコ・パゴット。
赤い飛空挺をかるブタって事で「赤いブタ」と空賊から呼ばれ、で、→ポルコ・ロッソと名乗る
って事だったらしい。

って、妻に調べたその事の話したら、

紅が飛空挺の色の事だってわからないなんて、オレくらいだって言われた。。。(´Д`)

だって、なにせ、映画を見てるあいだ自分はiPod touchを夢中でいじってたんで。。。

あんまり見てなかったんだよ。。。

つうわけで、買っちまったよ。

今度はホントに♪
コレ最高。

我が子がしばらくの間、『とべねーブタはただのブタだ。』って真似して言ってた。

セリフはともかく、微笑ましかった。